• 鳥海准教授の「人狼ゲーム」に関する記事が、2016年1月、日経新聞とWirelessWireNewsに掲載されました。

    「これからの人工知能はドラえもんだ」「人狼は社会の縮図」と語る鳥海不二夫准教授。

    嘘をつく、嘘をつかれる人工知能の研究も、当研究室のテーマです。

    2016年1月7日に日経新聞紙に掲載された記事のWEB版はこちらから

    WirelessWireNewsの記事はこちらから。(本記事も2016年1月7日掲載です)

    s-P1060880

    <2015年8月には、人工知能が人狼ゲームを競う、第1回人狼知能大会が開催された>