• 2/27(土)、Prof.Helbingの招待講演を含む、計算社会科学のシンポジウムを開催しました

    2016年2月27日(土)午後、課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業 領域開拓プログラム「リスク社会におけるメディアの発達と公共性の構造転換~ネットワーク・モデルの比較行動学に基づく理論・実証・シミュレーション分析」プロジェクトの主催で、公開シンポジウムを工学部3号館31号室で開催しました。
    本シンポジウムは、計算社会科学の視座から重層的メデイア環境におかれたリスク社会における公共性と社会関係資本の健全な形成の条件を明らかにすることをめざしたもので、招待講演にはヨーロッパで計算社会科学をリードするProf. Dirk Helbingをお呼びし、「How to Build a Smart Digital Society Together」というタイトルで世界の計算社会科学の最新動向についてご講演いただきました。また、プロジェクトメンバーから下記の研究報告が行われました。
    遠藤 薫「間メディア社会における公共性の構造転換」(基調講演、学習院大学)
    佐藤 嘉倫「計算社会科学による社会秩序の解明」(社会学分野、東北大学)
    鳥海 不二夫「ソーシャルメディアにおける信頼の構築」(情報学分野、東京大学)
    上東 貴志「利益相反の分類と社会組織の安定性」(経済学分野、神戸大学)
    参加者は約90名を数え、室内はほぼ満席、準備した資料が不足して増刷するほど盛況でした。開催にあたり、お世話になりました皆様、ありがとうございました。

     

     

    Public Symposium “Structural shift of publicness and social capital in Risk Society” February 27, 2016

    Public Symposium “Structural shift of publicness and social capital in Risk Society” was held at No.31 lecture room, Eng.#8, Hongo Campus, The University of Tokyo. About 90 attendants come to join the symposium.

    Leading researcher Prof. Dirk Helbing(ETHZ)presented invited lecture “How to Build a Smart Digital Society Together”, which impressed us very much.

    In addition, 4 speakers provided topics in sociology, economics, informatics fields respectively.

    Thank you for your corporation.

     

    <ご案内>

    本シンポジウムは,計算社会科学の視座から重層的メデイア環境におかれたリスク社会における公共性と社会関係資本の健全な形成の条件を明らかにすることをめざし開催されます.
    招待講演にはヨーロッパで計算社会科学をリードするProf. Dirk Helbingをお呼びし,世界の計算社会科学の最新動向について講演をいただきます.
    本シンポジウムは,課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業 領域開拓プログラム「リスク社会におけるメディアの発達と公共性の構造転換~ネットワーク・モデルの比較行動学に基づく理論・実証・シミュレーション分析」プロジェクトの主催で行われるものです.

    sympo

    sympo

    興味のある方、ぜひご参加ください。

    詳細は、

    https://risksociety.wordpress.com/

    から、ご覧ください。

    その他、東大関係のHPにも掲載しておりますので、よろしければご覧ください。

    http://www.t.u-tokyo.ac.jp/foe/event/setnws_20151228150939615466154824.html

    http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/news/events/events_z0104_00017.html