業績一覧

学術論文/国際会議/ 国内発表/講演/ 解説記事・解説論文// 外部資金/メディア取材・協力・プレスリリース/ 著書/特許

学術論文

  1. 鳥海不二夫,平野雄一,江口清貴 未成年者のネットリスク軽減に向けたソーシャルメディアの分析 情報法制研究 Vol.2(11/2017)
  2. Chao Fan,Fujio Toriumi High-Modularity Network Generation Model Based on the Muitilayer Network Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence Vol. 32 No.6 p.B-H42_1-11 (2017)
  3. 鳥海 不二夫, 榊 剛史 バースト現象におけるトピック分析 情報処理学会論文誌,Vol.58 No,6, pp.1287-1299 (06/2017)
  4. 鳥海 不二夫, 松澤 有, 鈴村 豊太郎 ヴォーカルマイノリティ現象を説明する意見発信モデルの提案 情報処理学会論文誌,Vol.58 No,6, pp.1277-1286 (06/2017)
  5. 臼井 翔平, 鳥海 不二夫 任意のネットワークを用いた協調達成条件の分析 情報処理学会論文誌,Vol.58 No,6, pp.1268-1276 (06/2017)
  6. Kengo Osaka, Fujio Toriumi, Toshihauru Sugawara Effect of direct reciprocity and network structure on continuing prosperity of social networking services Computational Social Networks Vol.4 No.2 (05/2017)
  7. Fujio Toriumi, Hirotaka Osawa, Michimasa Inaba, Daisuke Katagami, Kosuke Shinoda, and Hitoshi Matsubara AI Wolf Contest —Development of Game AI Using Collective Intelligence— Communications in Computer and Information Science, Computer Games. Springer, Cham, pp.101-115.(05/2017)
  8. Mitsuteru Tashiro, Yasuhiro Iijima, Tadashi Komatsu, Fujio Toriumi, Takafumi Nakanishi, Kiyotaka Eguchi, Hideki Asako Construction and verification of a power distribution model that uses graph theory and considers the ease of connection Journal of Transformation of Human Behavior under the Influence of Infosocionomics Society Vol.2 (02/2017)
  9. Yuichi Hirano, Fujio Toriumi, Masanori Takano, Kazuya Wada, Ichiro Fukuda Detection of Dangerous Interaction in Online Chat Service Journal of Transformation of Human Behavior under the Influence of Infosocionomics Society Vol.2 (02/2017) (Short Paper)
  10. 鳥海不二夫,稲葉通将,大澤博隆,片上大輔,篠田孝祐,松原仁: ゲームプログラミング大会を用いた集合知的ゲームAI開発手法 -人狼知能大会の開催と参加エージェントの分析- デジタルゲーム学会論文誌 Vol.9 No.1 (02/2017)
  11. 稲葉通将,大畠 菜央実,鳥海不二夫,高橋健一: 雑談ばかりしてると殺される? 人狼ゲームにおける発話行為タグセットの提案とプレイヤーの行動・勝敗の分析 情報処理学会論文誌, Vol.57, No.11 pp.2392-2402 (11/2016)
  12. Fujio Toriumi, Hitoshi Yamamoto, and Isamu Okada: Exploring an effective incentive system in groupware Journal of Artificial Societies and Social Simulation 19 (4) 6 (11/2016)
  13. 池田 圭佑,榊 剛史,鳥海 不二夫,風間 一洋,野田 五十樹,諏訪 博彦,篠田 孝祐,栗原 聡 マルチエージェント型情報拡散モデルの提案 人工知能学会論文誌 Vol. 31 (2016) No. 1 p. NFC-C_1-13 (09/2016)
  14. Fujio Toriumi, Kazuki Komura Investment Index Construction from Information Propagation Based on Transfer Entropy Computational Economics pp.1-14(09/2016)
  15. Yuki Hirahara, Fujio Toriumi, Toshiharu Sugawara Cooperation-dominant Situations in SNS-norms Game on Complex and Facebook Networks New Generation Computing, Volume 34, Issue 3, pp 273–290 (08/2016)
  16. Ryozo KITAJIMA, Ryotaro KAMIMURA, Osamu UCHIDA, Fujio TORIUMI Identifying Important Tweets by Considering the Potentiality of Neurons IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences Vol. E99.A (2016) No. 8 pp. 1555-1559(08/2016)
  17. 石原裕規,諏訪博彦,鳥海不二夫,太田敏澄 東日本大震災前後における重要アカウントの抽出とコミュニケーション形態の変容 電子情報通信学会論文誌 D Vol.J99-D,No.5,pp.501-513(05/2016)
  18. Ryozo KITAJIMA, Ryotaro KAMIMURA, Osamu UCHIDA, Fujio TORIUMI Potential Information Maximization: Potentiality-Driven Information Maximization and Its Application to Tweets Classification and Interpretation International Journal of Computer Information Systems and Industrial Management Applications, Vol 8, pp.42-51 (03/2016)
  19. Fujio TORIUMI, Takafumi NAKANISHI, Mitsuteru TASHIRO, and Kiyota EGUCHI Encounters between Predators and Their Targets in Private Chat Journal of Transformation of Human Behavior under the Influence of Infosocionomics Society Vol.1 pp.23-28 (02/2016)
  20. Takafumi NAKANISHI, Ryotaro OKADA, Fujio TORIUMI, Mitsuteru TASHIRO, and Kiyota EGUCHI Simulation for Communication Risk on SNS Journal of Transformation of Human Behavior under the Influence of Infosocionomics Society Vol.1 pp.15-21 (02/2016)
  21. Osamu UCHIDA, Toshihiro ROKUSE, Makoto TOMITA, Yoshitaka KAJITA, Yoshiro YAMAMOTO, Fujio TORIUMI, Bryan SEMAAN, Scott ROBERTSON Classification and Mapping of Disaster Relevant Tweets for Providing Useful Information for Victims During Disasters (Short Paper) IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing (01/2016)
  22. 三浦麻子,鳥海不二夫,小森政嗣,松村真宏,平石界 ソーシャルメディアにおける災害情報の伝播と感情:東日本大震災に際する事例 人工知能学会論文誌, Vol.31 No.1 p.NFC-A_1-9(01/2016)
  23. Michimasa Inaba, Naoyuki Iwata, Fujio Toriumi, Takatsugu Hirayama, Yu Enokibori, Kenichi Takahashi, and Kenji Mase: Statistical Response Method and Learning Data Acquisition using Gamified Crowdsourcing for a Non-task-oriented Dialogue Agent Lecture Notes in Computer Science, Vol.8946, pp.119-136, Springer, (12/2015)
  24. 浅谷公威,鳥海不二夫,大橋弘忠: コミュニティ間における多面性と意見形成 人工知能学会論文誌 Vol.30 No.5 pp.658-666 (08/2015):
  25. Okada I, Yamamoto H, Toriumi F, Sasaki T: The Effect of Incentives and Meta-Incentives on the Evolution of Cooperation PLOS Computational Biology 11:e1004232. (05/2015)
  26. 松本 慎平, 川口 大貴, 鳥海 不二夫: 東日本大震災前後のTwitter利用者の投稿活動に基づく定量化と自動判別への応用 人工知能学会論文誌 Vol. 30 No.1 p.393-402 (01/2015)
  27. 臼井翔平, 鳥海不二夫: 情報拡散に影響するネットワーク構造特徴 人工知能学会論文誌 Vol. 30 No.1 p.195-203 (01/2015)
  28. 平原 悠喜, 鳥海 不二夫, 菅原 俊治: WSモデル・BAモデルのネットワーク上でのメタ報酬ゲームにおける協調の進化 コンピュータソフトウェア Vol. 31 (2014) No. 3 p. 211-221 (07/2014)
  29. Shohei Usui, Fujio Toriumi, Masato Matsuo, Takatsugu Hirayama, and Kenji Mase: Greedy Network Growth Model of Social Network Service Computational Intelligence and Intelligent Informatics Vol.18 No.4 pp.590-597 (07/2014)
  30. Yoshiyuki Okada, Keisuke Ikeda, Kosuke Shinoda, Fujio Toriumi, Takeshi Sakaki, Kazuhiro Kazama, Masayuki Numao, Itsuki Noda, and Satoshi Kurihara: SIR-Extended Information Diffusion Model of False Rumor and its Prevention Strategy for Twitter Computational Intelligence and Intelligent Informatics Vol.18 No.4 pp.598-607 (07/2014)
  31. Fujio Toriumi, Hitoshi Yamamoto, and Isamu Okada: Influence of Payoff in Meta-Rewards Game Computational Intelligence and Intelligent Informatics Vol.18 No.4 pp.616-623 (07/2014)
  32. Bungo Miyazaki, Kiyoshi Izumi, Fujio Toriumi, Ryo Takahashi: Change detection of orders in stock markets using a Gaussian mixture model. Intelligent Systems in Accounting, Finance and Management 21.3: 169-191.(06/2014)
  33. 鳥海不二夫,篠田孝祐,榊剛史,栗原聡,風間一洋,野田五十樹: 異種協調型災害情報支援システム実現に向けた基盤技術の構築 人工知能学会論文誌 Vol. 29 No.1 p.113-119 (01/2014)
  34. 浅谷公威,鳥海不二夫,陳Yu,大橋弘忠: 集団内の多様性創出メカニズムの解明 電子情報通信学会論文誌 D vol.J96-D No.12 pp.2951-2959(12/2013)
  35. 臼井 翔平, 鳥海 不二夫, 平山 高嗣, 榎堀 優, 間瀬 健二: なぜ震災後デマが拡散したのか ~ネットワーク構造の影響分析~ 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)Vol.133 No.9 pp.1796-1805(09/2013)
  36. 湯浅 辰丸, 鳥海 不二夫, 平山 高嗣, 榎堀 優, 間瀬 健二: 戦略学習がGARCH効果に及ぼす影響のシミュレーションと分析 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)Vol.133 No.9 pp.1717-1728(09/2013)
  37. 小出 明弘, 斉藤 和巳, 風間 一洋, 鳥海 不二夫: ネットワーク分析によるTwitterユーザのフォロー形成に関する一考察 情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用(TOM) 6(2) 164-173 (08/2013)
  38. 三浦 大樹,諏訪 博彦,鳥海 不二夫,鬼塚 真: ソーシャルサーチのための効率的な検索アルゴリズムの提案 情報処理学会論文誌 データベース(TOD)6(3),29-39 (06/2013)
  39. Fujio TORIUMI, Takashi OKADA, Shuichiro YAMAMOTO, and Kenichiro ISHII: Modeling of Information Sharing on the Buisiness Social Media SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.6, No.2 pp.83-87(03/2013)
  40. 篠田 孝祐, 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 風間 一洋, 栗原 聡, 野田 五十樹, 松尾 豊: 東日本大震災時におけるTwitter の活用状況とコミュニケーション構造の分析 知能と情報 Vol.25 No.1 pp.598-608(02/2013)
  41. 鳥海 不二夫,山本 仁志: ソーシャルメディアにおける協調の進化 情報処理学会 Vol.53 No.11 pp.2507-2515(11/2012)
  42. 小出 明弘, 斉藤 和巳, 風間 一洋, 鳥海 不二夫: コリンク構造に着目した多重グラフの特性分析 日本データベース学会論文誌, Vol.11, No.2, pp.13-18, (10/2012)
  43. 鳥海 不二夫,石井 健一郎: 人工市場を用いた予測市場の予測メカニズムの分析 人工知能学会論文誌 Vol.27 No.6 p.346-354(10/2012)
  44. 鳥海不二夫,篠田孝祐, 兼山元太: ソーシャルメディアを用いたデマ判定システムの判定精度評価 情報処理学会デジタルプラクティス Vol.3 No.3 pp.201-208 (07/2012)
  45. 稲葉通将,鳥海不二夫,石井健一郎: 非タスク指向型対話エージェントのための統計的応答手法 電子情報通信学会論文誌 D Vol.J95-D No.6 pp.1390-1400(06/2012)
  46. 鳥海不二夫,西岡 寛兼, 梅岡 利光, 石井健一郎: 板情報による市場相違性の検出 人工知能学会論文誌 Vol. 27 No. 3 P 143-150(03/2012)
  47. 鳥海不二夫,神谷達幸,石井健一郎: 小規模SNSにおけるネットワーク成長パラメータの推定 電子情報通信学会論文誌 D Vol.J94-D,No.11,pp.1740-1750,Nov. 2011.(11/2011)
  48. 山本仁志,諏訪博彦,岡田勇,鳥海不二夫,和泉潔,橋本康弘: コミュニケーション構造の推移による大量SNSサイトの分類 日本社会情報学会誌,Vol.23,No.1,pp.33-43,2011(9) (09/2011)
  49. 稲葉通将,鳥海不二夫,石井健一郎: 語の共起情報を用いた非タスク指向型対話エージェントの評価 電子情報通信学会論文誌 D Vol.J94-D No.1 pp.48-58 (01/2011)
  50. 稲葉通将,鳥海不二夫,石井健一郎: 語の共起情報を用いた対話における盛り上がりの自動判定 電子情報通信学会論文誌 D Vol.J94-D No.1 pp.59-67 (01/2011)
  51. Fujio Toriumi, Kiyoshi Izumi and Hiroki Matsui: Market Participant Estimation by Using Artificial Market Advances in Practical Multi-Agent Systems Studies in Computational Intelligence, Volume 325/2011, 201-215(2010)
  52. 鳥海不二夫,石田健,石井健一郎: SNSにおけるネットワーク成長モデルの提案 電子情報通信学会論文誌 D Vol.J93-D No.7 pp.1135-1143 (07/2010)
  53. 藤田幸久,鳥海不二夫,石井健一郎: 動的な人的ネットワーク上での情報共有を考慮した ワークシェアリング実施手法の提案とシミュレーションによる評価. 知能と情報,Vol.22, No.2, pp.165-177(04/2010)
  54. 鳥海不二夫, 山本仁志, 諏訪博彦,岡田勇, 和泉潔, 橋本康弘: 大量SNSサイトの比較分析 人工知能学会論文誌 Vol. 25 (2010) , No. 1 pp.78-89 (01/2010)
  55. 田中恵海,高橋謙輔,鳥海不二夫,菅原俊治: 学級のいじめ問題を題材とする工学的シミュレーションとその考察 情報処理学会論文誌「数理モデル化と応用」TOM25 Vol.3,No.1,pp.98-108(01/2010)
  56. 藤田幸久,鷲田祐一,鳥海不二夫,植田一博,石井健一郎: 情報の多様化を考慮した情報伝播のモデル化とシミュレーション 情報処理学会論文誌「数理モデル化と応用」TOM25 Vol.3,No.1,pp.49-61(01/2010)
  57. Naoki Isomura, Fujio Toriumi, Kenichiro Ishii: Statistical Utterance Selection using Word Co-occurrence for a Dialogue Agent Springer Berlin / Heidelberg, Lecture Notes in Computer Science, Vol.5925/2009 pp.68-79(2009)
  58. 磯村直樹,鳥海不二夫,石井健一郎: 対話エージェント評価におけるタグ付与の自動化 電子情報通信学会論文誌 A vol.J92-A, no.11,pp.795-805(11/2009)
  59. 磯村直樹,鳥海不二夫,石井健一郎: HMMによる非タスク指向型対話システムの評価 電子情報通信学会論文誌 D vol.J92-D, no.4, pp.542-551 (04/2009)
  60. Kiyoshi Izumi, Fujio Toriumi, Hiroki Matsui: Evaluation of Automated Trading Programs Using an Artificial Market Neurocomputing 72 (2009), pp. 3469-3476 Online
  61. 鳥海不二夫,西村啓,浅野千尋,石井健一郎: 株式自動取引エージェント作成支援システムの提案 日本ソフトウェア科学会学会誌『コンピュータソフトウェア』Vol.25 No.4 pp.190-198 (10/2008)
  62. 鳥海不二夫,石田健,石井健一郎: 小規模SNSのモデル化と活性化シミュレーション 電子情報通信学会論文誌 B Vol.J91-B No.4 pp.397-406 (04/2008)
  63. 鳥海不二夫,小林彬,高山潤也,大山真司: 逐次一対比較法の提案 計測自動制御学会論文集 Vol.43 No.10 pp.839-846 (10/2007)
  64. 鳥海不二夫,石井健一郎: 学級集団形成における教師による介入の効果 電子情報通信学会論文誌 D Vol.J90-D No.9 pp.2456-2464 (09/2007)
  65. Fujio TORIUMI, Kenichiro ISHII: Effect of grouping on classroom communities Springer Berlin / Heidelberg, Emergent Intelligence of Networked Agents, Volume 56/2007 pp.231-243 (04/2007)
  66. 藤田幸久,仲瀬明彦,中山康子,鳥海不二夫,石井健一郎: 組織における知識継承のモデル化 電子情報通信学会論文誌 D Vol.J90-D No.1 pp.52-61 (01/2007)
  67. 鳥海不二夫, 高山潤也, 大山真司, 小林彬: 帯関数を用いたパネルの比較判別能力の分析 計測自動制御学会論文集, 2003年39 巻8 号709-716
  68. 鳥海不二夫, 曹麗, 大山真司, 小林彬: BMPC 法における解領域と解領域更新新アルゴリズム 計測自動制御学会論文集,2001年37 巻9 号886-892

国際会議

  1. Masanori Takano, Hiroki Mizukami, Fujio Toriumi, Makoto Takeuchi, Kazuya Wada, Masahiro Yasuda, and Ichiro Fukuda Analysis of the Changes in Listening Trends of a Music Streaming Service 2nd International Workshop on Application of Big Data for Computational Social Science(12/2017)
  2. Fujio Toriumi, Isamu Okada, Hitoshi Yamamoto Effect of Network Structure for Meta-Sanctions Game The 2017 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2017) (12/2017)
  3. Takashi Nicholas Maeda, Kota Tsubouchi, Fujio Toriumi Next place prediction in unfamiliar places considering contextual factors 25th ACM SIGSPATIAL - International Conference on Advances in Geographic Information Systems(Industrial Paper)(11/2017)
  4. Fujio Toriumi, Isamu Okada, Hitoshi Yamamoto Expectation for responses encourages social media participation: simulation study Social Simulation Conference 2017(09/2017)
  5. Takashi Nicholas Maeda, Junichiro Mori, Fujio Toriumi and Hirotada Ohashi Analysis of Activity Trends Based on Smart Card Data of Public Transportation 2017 International Conference on GeoComputation (09/2017)
  6. Kazuki Uchida, Fujio Toriumi, and Takeshi Sakaki Evaluation of retweet clustering method: classification method using retweet on Twitter without text data The IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (08/2017)
  7. Hirofumi Nakamura, Daisuke Katagami, Fujio Toriumi, Hirotaka Osawa, Michimasa Inaba, Kosuke Shinoda and Yoshinobu Kano. Generating human-like discussion by paraphrasing a translation by the AIWolf Protocol using Werewolf BBS Logs. IEEE converence on Fuzzy Systems 2017(FUZZ-IEEE2017), (07/2017)
  8. Yating Wang, Fujio Toriumi, Masayuki Susai An Analysis of the Impact of Group Behavior Bias on Financial Markets by Artificial Market World Finance Conference 2017 (07/2017)
  9. Kazuki Uchida, Fujio Toriumi, and Takeshi Sakaki Topic Entropy : How to discriminate biased topics from general topics on social media International Conference on Computational Social Science 2017 (07/2017)
  10. Eizo Akiyaam, Isamu Okada, Fujio Toriumi, Hitoshi Yamamoto The Effect of Second-order Reward and Punishment in Public goods Game - An Experiment International Conference on Social Dilemmas 2017 (07/2017)
  11. Yuka Kamiko, Mitsuo Yoshida, Hirotada Ohashi, Fujio Toriumi Uncovering Information Flow Among Users by Time-Series Retweet Data: who is a friend of whom on Twitter? Application of Big Data for computational social science, Co-Located Workshop of IEEE BIGDATA (12/2016)
  12. Hirotaka Kawazu, Fujio Toriumi, Masanori Takano, Kazuya Wada, Ichiro Fukuda Analytical method of web user behavior using Hidden Markov Model Application of Big Data for computational social science, Co-Located Workshop of IEEE BIGDATA (12/2016)
  13. Noritsugu Nakamura, Michimasa Inaba, Kenichi Takahashi, Fujio Toriumi, Hirotaka Osawa, Daisuke Katagami, Kousuke Shinoda Constructing a Human-like agent for the Werewolf Game using a psychological model based multiple perspectives 2016 IEEE Symposium Series on Computational Intelligence (SSCI) (12/2016)
  14. Kengo Osaka, Fujio Toriumi, and Toshiharu Sugawara Effect of Direct Reciprocity on Continuing Prosperity of Social Networking Services COMPLEX NETWORKS 2016, The 5th International Workshop on Complex Networks and their Applications(11/2016)
  15. Takashi Nicholas Maeda, Junichiro Mori, Fujio Toriumi and Hirotada Ohashi Analysis of Smart Card Data for Understanding Spatial Changes in Consumption-oriented Human Flows The Second International Workshop on Smart Cities and Urban Analytics (UrbanGIS) 2016(10/2016)
  16. Fujio Toriumi, Hirotaka Osawa, Michimasa Inaba, Daisuke Katagami, Kosuke Shinoda, and Hitoshi Matsubara AI Wolf Contest -Development of Game AI using Collective Intelligence- Computer Games Workshop at IJCAI 2016(07/2016)
  17. Fujio Toriumi, Hitoshi Yamamoto and Isamu Okada Effect of Rewarding Systems in Social Media 2016 2ND ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTATIONAL SOCIAL SCIENCE(06/2016)
  18. Hirata Yuya, Inaba Michimasa, Takahashi Kenichi, Toriumi Fujio, Osawa Hirotaka, Katagami Daisuke, Shinoda Kosuke Werewolf Game Modeling using Action Probabilities based on Play Log Analysis Computers and Games 2016(06/2016)
  19. Chao Fan and Fujio Toriumi A new Network Generation Model based on Multilayer Network NetSci2016 (Extended Abstract) (06/2016)
  20. Takashi Nicholas Maeda, Mitsuo Yoshida, Fujio Toriumi, Hirotada Ohashi Decision Tree Analysis of Tourists' Preferences Regarding Tourist Attractions Using Geotag Data from Social Media Urb-IoT '16 Proceedings of the Second International Conference on IoT in Urban Space, pp.61-64 (05/2016)
  21. Shohei Usui, Fujio Toriumi Analysis of Condition for the Cooperation Achievement on Arbitrary Networks AAMAS2016, pp.1321 (Extended Abstract) (05/2016)
  22. Keisuke Ikeda, Takeshi Sakaki, Fujio Toriumi and Satoshi Kurihara An Examination of a Novel Information Diffusion Model: Considering of Twitter User and Twitter System Features The 6th International Workshop on Emergent Intelligence on Networked Agents(05/2016)
  23. Kengo Osaka, Fujio Toriumi and Toshiharu Sugawara Effect of Direct Reciprocity on Social Networking Services The 6th International Workshop on Emergent Intelligence on Networked Agents(05/2016)
  24. Fujio Toriumi and Seigo Baba Real-time Tweet Classification in Disaster Situation WWW'16 Companion Proceedings of the 25th International Conference Companion on World Wide Web pp.117-118(04/2016)
  25. Shohei Usui and Fujio Toriumi Statistical Analysis of Information Spreading on Arbitary Networks NetSciX-2016 (01/2016)
  26. Fujio TORIUMI, Takafumi NAKANISH, Mitsuteru TASHIRO, Kiyotaka EGUCHI Analysis of User Behavior in Private Chat System The Third International Workshop on Data Oriented Constructive Mining and the Seventh International Workshop on Emergent Intelligence Networked Agents (12/2015)
  27. Fujio TORIUMI, Takafumi NAKANISH, Mitsuteru TASHIRO, Kiyotaka EGUCHI Classification of User Behavior on Private Chat Challenges in Data Science : a complex systems perspective(10/2015)
  28. Fujio Toriumi, Hitoshi Yamamoto, Isamu Okada Modeling CGM as Public Goods Game Social Simulation 2015 (ESSA2015) (09/2015)
  29. Fujio Toriumi, Hitoshi Yamamoto, Isamu Okada Modeling Consumer Generated Media by Generalized Meta-Sanctions Game The 9th International Workshop on Agent-based Approach in Economic and Social Complex Systems (AESCS2015) (09/2015)
  30. Daisuke Katagami, Masahi Kanazawa, Fujio Toriumi, Hirotaka Osawa, Michimasa Inaba and Kosuke Shinoda Movement design of a life-like agent for the werewolf game FUZZ-IEEE 2015 (08/2015)
  31. Nargis Pervin, Tuan Quang Phan, Anindya Datta, Hideaki Takeda, Fujio Toriumi Hashtag Popularity on Twitter: Analyzing Cooccurence of Multiple Hashtags HCI International 2015(08/2015)
  32. Isamu Okada, Hitoshi Yamamoto, Fujio Toriumi, Tatsuya Sasaki Make a scapegoat or cultivate praises: Two ways to prevent free-riders in a peer-to-peer sanction system 16th International Conference on Social Dilemmas(06/2015)
  33. Fujio Toriumi, Kazuki Komura Investment Index Construction from Information Propagation Based on Transfer Entropy Society for Computational Economics - Computing in Economics and Finance, 2015 (CEF2015) (06/2015)
  34. Seigo Baba, Fujio Toriumi, Takeshi Sakaki, Kosuke Shinoda, Kazuhiro Kazama, Satoshi Kurihara, and Itsuki Noda Classification Method for Shared Information on Twitter Without Text Data 2nd International Workshop on Social Web for Disaster Management (swdm2015) WWW 2015 Companion Publication (05/2015)
  35. Guanghao Liu, Yu Chen, Fujio Toriumi, and Hirotada Ohashi Influence of response time on traders’ performances: a double-auction model analysis 79th Annual Meeting of the DPG and DPG Spring Meeting(03/2015)
  36. Hidenori Mabe, Yu Chen, Fujio Toriumi, and Hirotada Ohashi Dynamics of multi-asset artificial markets considering inter-market transactions of two types of traders: risk-seekers and risk avoiders 79th Annual Meeting of the DPG and DPG Spring Meeting(03/2015)
  37. Nargis Pervin, Hideaki Takeda, Fujio Toriumi Factors Affecting Retweetability: An Event-Centric Analysis on Twitter International Conference on Information Systems 2014(12/2014)
  38. Kawaguchi, Hiroki, Shimpei Matsumoto, and Fujio Toriumi. A method to quantify twitter user's posting activities for constructing disaster information support system In Computational Intelligence and Applications (IWCIA), 2014 IEEE 7th International Workshop on (pp. 137-140)(11/2014)
  39. Yuki Hirahara, Fujio Toriumi and Toshiharu Sugawara Evolution of Cooperation in SNS-norms Game on Complex Networks and Real Social Networks The 6th International Conference on Social Informatics(11/2014)
  40. Sakaki Takeshi, Fujio Toriumi Information Propagation Analysis on the Cover Problem of Journal “Artificial Intelligence” Social Modeling and Simulations + Econophysics Colloquium 2014 (SMSEC2014)(11/2014)
  41. Kobayashi, Y., Osawa, H., Inaba, M., Shinoda, K., Toriumi, F., & Katagami, D. Development of werewolf match system for human players mediated with lifelike agents In Proceedings of the second international conference on Human-agent interaction (pp. 205-207). ACM.(10/2014)
  42. Hitoshi Yamamoto, Isamu Okada and Fujio Toriumi Cooperation maintained by defect and collapsed by reward in a generalized metanorms game ESSA2014(09/2014)
  43. Kimitaka Asatani, Fujio Toriumi and Hirotada Ohashi Rise and decline process of online communities: Modeling social balance of participants ESSA2014(09/2014)
  44. Keisuke Ikeda, Yoshiyuki Okada, Fujio Toriumi, Takeshi Sakaki, Kazuhiro Kazama, Itsuki Noda, Kosuke Shinoda, Hirohiko Suwa, and Satoshi Kurihara Multi-Agent Information Diffusion Model for Twitter The 2014 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (08/2014)
  45. Daisuke Katagami, Shono Takaku, Michimasa Inaba, Hirotaka Osawa, Kosuke Shinoda, Junji Nishino and Fujio Toriumi Investigation of the Effects of Nonverbal Information on Werewolf FUZZ-IEEE 2014 (07/2014)
  46. Shohei Usui, Fujio Toriumi, Takatsugu Hirayama, and Kenji Mase, Analysis of Information Diffusion Focusing on Directed Network NetSci2014, (06/2014)
  47. Keisuke Ikeda, Yoshiyuki Okada, Fujio Toriumi, Takeshi Sakaki, Kazuhiro Kazama, Itsuki Noda, Kosuke Shinoda, Hirohiko Suwa and Satoshi Kurihara Agent-based Information Diffusion Model : Simulation Model for False Rumor Diffusion Process The 6th International Worlkshop on Emergent Intelligence on Networked Agents (05/2014)
  48. Shohei Usui, Fujio Toriumi, Takatsugu Hirayama and Kenji Mase Analysis of information diffusion on directed networks The 6th International Worlkshop on Emergent Intelligence on Networked Agents (05/2014)
  49. Michimasa Inaba, Naoyuki Iwata, Fujio Toriumi, Takatsugu Hirayama, Yu Enokibori, Kenichi Takahashi and Kenji Mase Constructing a Non-task-oriented Dialogue Agent using Statistical Response Method and Gamification 6th International Conference on Agents and Artificial Intelligence(ICAART 2014) (03/2014)
  50. Kimitaka Asatani, Fujio Toriumi, Hirotada Ohashi, Mitsuteru Tashiro and Ryuichi Suzuki Prosperity and decline of online communities 16th INTERNATIONAL CONFERENCE ON PRINCIPLES AND PRACTICE OF MULTI-AGENT SYSTEMS (PRIMA 2013)(12/2013)
  51. Remy Cazabet, Nargis Pervin, Fujio Toriumi and Hideaki Takeda Information Diffusion on Twitter: everyone has its chance, but all chances are not equal The 9th International Conference on SIGNAL IMAGE TECHNOLOGY & INTERNET BASED SYSTEMS(12/2013)
  52. Nargis Pervin, Remy Cazabet, Hideaki Takeda, Fujio Toriumi and Anindya Datta User Roles in the Time of Crisis: A Social Media Analysis 23rd Workshop on Information Technology and Systems (12/2013)
  53. Hikaru Enomoto, Osamu Uchida, Fujio Toriumi Extraction of Effective Feature for False Rumor Detection by Analysis of Tweets at the Time of Great East Japan Earthquake Proc. MJIIT-JUC Joint International Symposium 2013, pp.353-356(11/2013)
  54. Toshihiro Rokuse, Suguru Nagashima, Osamu Uchida, Fujio Toriumi An Information Service System at the Time of Large-Scale Disaster Using Twitter Proc. MJIIT-JUC Joint International Symposium 2013, pp.337-340(11/2013)
  55. Yuki Hirahara, Fujio Toriumi, and Toshiharu Sugawara Evolution of Cooperation in Meta-rewards Games on Networks of WS and BA models DOCMAS-2013, In conjunction with The 2013 IEEE / WIC / ACM International Conferences on WI-IAT2013(11/2013)
  56. Fujio Toriumi, Hitoshi Yamamoto, and Isamu Okada Effects of controllable facilitators on social media: simulation analysis using Generalized Metanorms Games DOCMAS-2013, In conjunction with The 2013 IEEE / WIC / ACM International Conferences on WI-IAT2013(11/2013)
  57. Shohei USUI, Fujio TORIUMI, Takatsugu HIRAYAMA and Kenji MASE Analysis of Influential Features for Information Diffusion 2013 ASE/IEEE International Conference on Social Computing (09/2013) acceptance rate is 9.9%.
  58. Sakaki, T., Toriumi, F., Uchiyama, K., Matsuo, Y., Shinoda, K., Kazama, K., & Noda, I. The possibility of social media analysis for disaster management?span> In Humanitarian Technology Conference (R10-HTC) p. 238-243. IEEE.(08/2013)
  59. Isamu Okada, Fujio Toriumi, Hitoshi Yamamoto Evolution of Cooperation Using Generalized Metanorms Game: Dynamic Analysis towards Institutional Designs 15th International Conference on Social Dilemmas (07/2013)
  60. Takeshi Sakaki, Fujio Toriumi, Kosuke Shinoda, Kazuhiro Kazama, Satoshi Kurihara, and Itsuki Noda Regional Analysis of User Interactions on Social Media in Times of Disaster WWW2013 Poster Session, WWW 2013 Companion Publication pp.235-236 (05/2013)
  61. Fujio Toriumi, Takeshi Sakaki, Kosuke Shinoda, Kazuhiro Kazama, Satoshi Kurihara, and Itsuki Noda Information Sharing on Twitter During the 2011 Catastrophic Earthquake 2nd International Workshop on Social Web for Disaster Management (swdm2013) WWW 2013 Companion Publication pp.1025-1028 (05/2013)
  62. Fujio Toriumi, Hitoshi Yamamoto, and Isamu Okada Analysis of Meta-rewards Game: Application of Management Policy to Social Media The Fifth International Workshop on Emergent Intelligence on Networked Agents (WEIN2013)(05/2013)
  63. Shohei Usui, Fujio Toriumi, Masato Matuo, Takatsugu Hirayama, Yu Enokibori and Kenji Mase Proposal for a generalized Network Growth Model of Social Network Service The Fifth International Workshop on Emergent Intelligence on Networked Agents (WEIN2013)(05/2013)
  64. Satoshi Kurihara, Yoshiyuki Okada, Takeshi Sakaki, Fujio Toriumi, Kosuke Shinoda, Kazuhiro Kazama, Itsuki Noda and Masayuki Numao SIR-Extended Information Diffusion Model of False Rumor and its Prevention Strategy for Twitter The Fifth International Workshop on Emergent Intelligence on Networked Agents (WEIN2013)(05/2013)
  65. Hitoshi Yamamoto, and Isamu Okada, Fujio Toriumi An analysis of generalized metanorms game: cooperation accelerated by defection and decelerated by reward Modelling Biological Evolution 2013: Recent Progress, Current Challenges and Future Directions(05/2013)
  66. Fujio Toriumi, Hitoshi Yamamoto, and Isamu Okada Why do people use Social Media? - Agent-based simulation and population dynamics analysis of the evolution of cooperation in social media The 2012 IEEE/WIC/ACM International Conference on Intelligent Agent Technology(12/2012)
  67. Fujio Toriumi, Analyzing Influence of Information Gap on Prediction Market Mechanism using Artificial Markets WCSS2012(09/2012)
  68. Takeru Inoue,Fujio Toriumi,Yasuyuki Shirai,Shin-ichi Minato Great East Japan Earthquake Viewed from a URL shortener ACM CoNEXT 2011 Special Workshop on the Internet and Disasters(12/2011)
  69. Takeshi Sakaki,Fujio Toriumi,Yutaka Matsuo Tweet Trend Analysis in an Emergency Situation ACM CoNEXT 2011 Special Workshop on the Internet and Disasters(12/2011)
  70. Fujio Toriumi, Daisuke Nakamura, Shuichiro Yamamoto, Takashi Okada and Kenichiro Ishii: Information Sharing on Social Media The 7th European Social Simulation Association Conference (09/2011)
  71. F.Toriumi, K.Ishii: Analyzing Prediction Market Mechanism using Artificial Markets SICE2011 | SICE Annual Conference 2011 (09/2011)
  72. F.Toriumi, I.Okada, H.Yamamoto, H.Suwa, K.Izumi and Y.Hashimoto: Classification of Social Network Sites based on Network Indexes and Communication Patterns International Workshop on Social Web Mining Co-located with IJCAI2011 (07/2011)
  73. Michimasa Inaba, Fujio Toriumi, Kenichiro Ishii: Automatic Detection of``Enthusiasm" in Non-task-oriented Dialogues Using Word Co-occurrence WACI 2011 (04/2011)
  74. Toriumi Fujio, Ishii Kenichiro: Simulation of Encouragement Methods for SNS based on User Behavior Model, Proceedings of 3rd World Congress on Social Simulation (09/2010)
  75. Yukihisa Fujita, Yuichi Washida, Fujio Toriumi, Kazuhiro Ueda, Kenichiro Ishii: Reversal of Influence: Decrease of Innovator's Influence under Information Diversification, The ninth international conference on autonomous agents and multiagent systems(AAMAS) (05/2010)
  76. Naoki Isomura, Fujio Toriumi, Kenichiro Ishii: Statistical Utterance Selection using Word Co-occurrence for a Dialogue Agent The 12th International Conference on Principles of Prctice in Multi-Agent Systems(12/2009)
  77. Hirokazu NISHIOKA, Fujio TORIUMI, Kenichiro ISHII: Proposal for market similarity evaluation method using stock board 3rd International Conference on Computational and Financial Econometrics(10/2009)
  78. Ken ISHIDA, Fujio TORIUMI, and Kenichiro ISHII: Proposal for a Growth Model of Social Network Service The 2008 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence(12/2008)
  79. Fujio TORIUMI, Ken ISHIDA, and Kenichiro ISHII: Encouragement Methods for Small Social Network Services The 2008 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence(12/2008)
  80. Fujio Toriumi, Kiyoshi Izumi and Hiroki Matsui: Analysis of Market Impact Caused by Automated Trading Programs 14 International Conference on Computing in Economics and Finance(06/2008)
  81. Kiyoshi Izumi, Fujio Toriumi and Hiroki Matsui: Artificial Market 2.0: From Simulation to Service The Fifth International Workshop on Agent-based Approaches in Economic and Social Complex Systems(09/2007)
  82. Yukihisa FUJITA・Fujio TORIUMI・Kenichiro ISHII: Analyzing the Influence of Social Networks on Knowledge Sharing Proceedings of WEIN07 pp. 31-44 (05/2007)
  83. S.Murata, F.Toriumi, K.Ishii: Influence of new mobile tools on communication International Federation for Systems Research 2005 (2005)
  84. Toriumi,Takayama,Ohyama,Kobayashi: Search Vector Algorithm for BMPC method Proceedings of 2003 International Conference on Control, Automation and Systems(ICCAS2003),(2003-10)
  85. Toriumi,Takayama,Ohyama,Kobayashi: New Sequential Paired Comparison Method to Decrease Number of Comparison Using BMPC Method: 2002 International Conference on Control, Automation and Systems(ICCAS2002),1517-1520 (2002-10)
  86. Toriumi,Takayama,Ohyama,Kobayashi: Analysis of Individual Differences of Examinee Using BMPC Method 2001 International Conference on Control, Automation and Systems(ICCAS2001), I-SP05-6 (2001-10)

国内発表

  1. 鳥海 不二夫, 吉田光男 衆議院選挙2017におけるTweetの分析 ソーシャルメディア研究ワークショップ2017(11/2017)
  2. 池田 圭佑, 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 栗原 聡 口コミに着目した情報拡散モデルの提案及びデマ情報拡散抑制手法の検証 第115回数理モデル化と問題解決研究発表会(09/2017)
  3. Chao FAN, Fujio TORIUMI Network Generation Model based on Multilayer Network focusing on Information Diffusion 第14回ネットワーク生態学シンポジウム(08/2017)
  4. 福馬 智生,鳥海 不二夫 地域型イベントの収集とその分類手法の検証 ARG 第10回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(07/2017)
  5. 園田 亜斗夢, 鳥海 不二夫 人狼ゲームにおける信頼の分析 第31回人工知能学会全国大会(05/2017)
  6. 平野 雄一, 鳥海 不二夫, 高野 雅典, 和田 計也, 福田 一郎 オンラインチャットサービスにおける未成年者検出 第31回人工知能学会全国大会(05/2017)
  7. 上子 優香, 鳥海 不二夫, 吉田 光男, 大橋 弘忠 情報伝播ネットワークの推定と災害による変化 第31回人工知能学会全国大会(05/2017)
  8. 鳥海 不二夫, 吉田 光男, 榊 剛史 災害情報支援に向けたソーシャルメディア情報の自動分類 第31回人工知能学会全国大会(05/2017)
  9. 池田 圭佑, 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 栗原 聡 災害時におけるデマ拡散のモデル化から得られた知見の報告 第31回人工知能学会全国大会(05/2017)
  10. 秦 恭史, 諏訪 博彦, 岸本 康成, 藤原 靖宏, 新井 淳也, 飯田 恭弘, 岩村 相哲, 鳥海 不二夫, 安本 慶一 東日本大震災におけるクラスタリングに基づく情報拡散度の比較 第31回人工知能学会全国大会(05/2017)
  11. 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 吉田 光男 災害情報基盤構築のための地理情報リソースに対する性能評価 第31回人工知能学会全国大会(05/2017)
  12. 久保 侑哉, 風間 一洋, 鳥海 不二夫, 斉藤 和己 東日本大震災時のツイートの単語2-gramに基づくトピックの可視化 第31回人工知能学会全国大会(05/2017)
  13. 大知 正直, 前田 高志ニコラス, 榊 剛史, 浅谷 公威, 森 純一郎, 鳥海 不二夫, 坂田 一郎 マルチステークホルダーによる相互データ提供に基づいた意思決定 支援システム 第31回人工知能学会全国大会(05/2017)
  14. 臼井 翔平, 鳥海 不二夫 ネットワークの崩壊と構造の関係についての分析 第31回人工知能学会全国大会(05/2017)
  15. 垣内 弘太, 鳥海 不二夫, 高野 雅典, 和田 計也, 福田 一郎 潜在状態を用いたコミュニティサービスの分析 第31回人工知能学会全国大会(05/2017)
  16. 鳥海不二夫,篠田孝祐,大澤博隆,三宅陽一郎 人狼知能大会参加エージェントの分析 日本デジタルゲーム学会2016年度年次大会(03/2017)
  17. 西口 真央, 有井 勝之, 鳥海 不二夫 マルチイベントログデータに対するゲームアプリ利用の状態遷移解析 日本デジタルゲーム学会2016年度年次大会(03/2017)
  18. Yating Wang, Fujio Toriumi Analysis of group behavior bias in Financial Markets using artificial market 第18回 人工知能学会 金融情報学研究会(SIG-FIN)(03/2017)
  19. 荒木大輔,鳥海不二夫,菅原俊治 トピックモデルを用いた人狼ゲームの会話に基づく役職別のプレイヤ推定法 情報処理学会 第79回全国大会(03/2017)
  20. 臼井翔平,鳥海不二夫 網羅的ネットワークデータセットを用いた情報拡散の分析 Workshop of Social System and Information Technology (WSSIT17) (03/2017)
  21. 池田圭佑,榊剛史,鳥海不二夫,栗原聡 複数情報源からの情報発信を考慮した情報拡散モデルの検討 Workshop of Social System and Information Technology (WSSIT17) (03/2017)
  22. 秦恭史,諏訪博彦,岸本康成,藤原靖宏,新井淳也,飯田恭弘,岩村相哲,鳥海不二夫,安本慶一 クラスタリングに基づく東日本大震災前後の情報拡散度の比較 Workshop of Social System and Information Technology (WSSIT17) (03/2017)
  23. 三浦雄太郎,大阪健吾、鳥海不二夫、菅原俊治 ソーシャルメディアにおける限界効用逓減の効果 Workshop of Social System and Information Technology (WSSIT17) (03/2017)
  24. 秦恭史,諏訪博彦,岸本康成,藤原靖宏,新井淳也,飯田恭弘,岩村相哲,鳥海不二夫,安本慶一 東日本大震災におけるクラスタリングに基づく重要アカウントの発見 第23回社会情報システム学シンポジウム(02/2017)
  25. 小川 祐樹, 高 文明, 鳥海不二夫 Twitterユーザのパーソナリティ推定 – Big Five と Dirk Triad について- 第11回データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会(11/2016)
  26. 池田 圭佑, 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 栗原 聡 東日本大震災時のデマ情報拡散の分析 ネットワークが創発する知能研究会2016(08/2016)
  27. FAN Chao, TORIUMI Fujio A Netwok Generation Model Based on Network Structures 第13回ネットワーク生態学シンポジウム(08/2016)
  28. 鳥海 不二夫,篠田 孝祐,稲葉 通将,大澤 博隆,片上 大輔 人狼知能大会におけるエージェントの行動分析 第36回GI・第41回EC合同研究発表会(08/2016)
  29. 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 吉田 光男 災害情報基盤構築を活用した地理情報アプリケーションの開発 2016年度 人工知能学会全国大会(06/2016)
  30. 馬場 正剛, 鳥海 不二夫, 吉田 光男 リツイート行動に基づいた災害情報支援システムの構築 2016年度 人工知能学会全国大会(06/2016)
  31. 上子 優香, 鳥海 不二夫, 大橋 弘忠 移動エントロピーを用いた災害時におけるソーシャル・メディア上の情報伝播分析 2016年度 人工知能学会全国大会(06/2016)
  32. FAN Chao, 鳥海 不二夫 A Network Generation Model by Layer Aggregation based on the Multilayer Network 2016年度 人工知能学会全国大会(06/2016)
  33. 前田 高志ニコラス, 吉田 光男, 鳥海 不二夫, 大橋 弘忠 ジオタグ付きソーシャルメディアを用いた国内観光資源の把握とインバウンド観光のギャップ分析 2016年度 人工知能学会全国大会(06/2016)
  34. 梶原 健吾, 鳥海 不二夫, 稲葉 通将, 大澤 博隆, 片上 大輔, 篠田 孝祐, 松原 仁, 狩野 芳伸 人狼知能大会における統計分析とSVMを用いた人狼推定を行うエージェントの設計 2016年度 人工知能学会全国大会(06/2016)
  35. 鳥海 不二夫, 大澤 博隆 AI達は物語を生み出すか 2016年度 人工知能学会全国大会(06/2016)
  36. 臼井 翔平, 鳥海 不二夫 任意のネットワークを用いた情報拡散の統計的分析 2016年度 人工知能学会全国大会(06/2016)
  37. 池田 圭佑, 榊 剛史, 鳥海 不二夫 栗原 聡 生活パタンを導入した情報拡散モデルにおける拡散再現性の考察 2016年度 人工知能学会全国大会(06/2016)
  38. 河津 裕貴, 鳥海 不二夫, 高野 雅典, 和田 計也, 福田 一郎 潜在状態ネットワークに基づくソーシャルゲームユーザの行動抽出 2016年度 人工知能学会全国大会(06/2016)
  39. Yating Wang, Fujio Toriumi 人工市場を用いた集団行動バイアスが市場への影響分析 第16回金融情報学研究会(03/2016)
  40. 鳥海 不二夫, 山本 仁志, 岡田 勇 レシピ共有サイトにおける作成レポートの効果 第10回社会システム部会研究会(03/2016)
  41. 池田圭佑,榊剛史,鳥海不二夫,栗原聡 情報拡散モデルにおける生活パタン導入による拡散再現性向上の検討 Workshop of Social System and Information Technology (WSSIT16) (03/2016)
  42. 中山雄介,鳥海不二夫,大橋弘忠 サトウキビ育種データにおける暗黙知の抽出 Workshop of Social System and Information Technology (WSSIT16) (03/2016)
  43. 大阪健吾, 平原悠喜, 鳥海不二夫, 菅原俊治 直接互恵性が働くソーシャルメディアにおける協調の進化 情報処理学会研究報告,知能システム研究 (12/2015)
  44. 前田高志ニコラス,吉田光男,鳥海不二夫,大橋弘忠 重力モデルとTF-IDFを用いたジオタグ付きTwitterデータからの観光地抽出と魅力の評価 第7回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(11/2015)
  45. 前田高志ニコラス,吉田光男,鳥海不二夫,大橋弘忠 Twitter位置情報・テキスト情報を用いた人の移動モデル構築と観光地推薦手法の提案 第9回 データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会(11/2015)
  46. 石井晃, 小籔拓馬, 北尾明子, 鳥海不二夫, 榊剛史 ヒット現象の数理モデルから見た社会現象の盛り上がりに関する考察 情報処理学会研究報告,知能システム研究(10/2015)
  47. 栢野航,工藤祐介,大澤博隆,片上大輔,鳥海不二夫,稲葉通将,篠田考祐 コミュニケーションゲーム 「人狼」 を演じるロボットエージェントの作成 エンターテイメントコンピューティングシンポジウム2015(EC2015) (09/2015)
  48. 池田圭佑,岡田佳之,鳥海不二夫,榊剛史,風間一洋,野田五十樹,諏訪博彦,篠田孝祐,栗原聡 情報拡散とユーザーの地域情報の関連性 Joint Agent Workshop and Symposium 2015(JAWS2015) (09/2015)
  49. 新羅慧,片上大輔,鳥海不二夫,大澤博隆,稲葉通将,篠田考祐 人狼対戦システムにおける視線の動作設計について Joint Agent Workshop and Symposium 2015(JAWS2015) (09/2015)
  50. 中村洋文,片上大輔,鳥海不二夫,大澤博隆,稲葉通将,篠田孝祐 人狼BBSのログデータを用いたAIの自然な議論空間の構築 Joint Agent Workshop and Symposium 2015(JAWS2015) (09/2015)
  51. 鳥海不二夫,松澤有,鈴村豊太郎 意見発信モデルを用いたヴォーカルマイノリティ現象の分析 Joint Agent Workshop and Symposium 2015(JAWS2015) (09/2015)
  52. 馬場正剛、鳥海不二夫、榊剛志、篠田孝祐、栗原聡、風間一洋、野田五十樹 ソフトクラスタリングを用いた情報分類 第12回ネットワーク生態学研究会(08/2015)
  53. 臼井翔平,鳥海不二夫 Greedy Growth Modelを用いたネットワーク構造と社会現象の分析 第12回ネットワーク生態学研究会(08/2015)
  54. 大阪 健吾,鳥海 不二夫,菅原 俊治 直接互恵性が働くソーシャルメディアにおける協調の進化 ネットワークが創発する知能研究会(JWEIN2015)(08/2015)
  55. 中西崇文・鳥海不二夫・田代光輝・江口清貴: ネットコミュニケーションにおける未成年者のリスク軽減とそのシミュレーションモデルの実現 第6回ソーシャルコンピューティングシンポジウム(06/2015)
  56. 浅谷 公威 鳥海 不二夫 大橋 弘忠: コミュニティ間における多面性と意見形成 第29回人工知能学会全国大会(05/2015)
  57. 海鋒 健太 鳥海 不二夫 大橋 弘忠: 震災前後におけるTwitter上のユーザ行動の変化 第29回人工知能学会全国大会(05/2015)
  58. 池田 圭佑 岡田 佳之 鳥海 不二夫 榊 剛史 風間 一洋 野田 五十樹 諏訪 博彦 篠田 孝祐 栗原 聡: マルチエージェント型情報拡散モデル(AIDM)の妥当性の検証 第29回人工知能学会全国大会(05/2015)
  59. 臼井 翔平 鳥海 不二夫: コミュニティ構造を考慮した貪欲的ネットワーク生成手法 第29回人工知能学会全国大会(05/2015)
  60. 北島 良三 上村 龍太郎 内田 理 鳥海 不二夫: ニューラルネットワークを用いたTweetデータの分類に関する研究 第29回人工知能学会全国大会(05/2015)
  61. 榊 剛史 大谷 昭成 鳥海 不二夫 吉田 光男 風間 一洋 篠田 孝祐 栗原 聡 野田 五十樹: 災害情報基盤構築に向けた地理情報リソースの整備 第29回人工知能学会全国大会(05/2015)
  62. 北田 剛士 風間 一洋 榊 剛史 鳥海 不二夫 栗原 聡 篠田 孝祐 野田 五十樹 斉藤 和巳: 東日本大震災時のツイートのトピック系列の可視化と分析 第29回人工知能学会全国大会(05/2015)
  63. 馬場 正剛 鳥海 不二夫 榊 剛史 篠田 孝祐 栗原 聡 風間 一洋 野田 五十樹 大橋 弘忠: ソフトクラスタリングを用いた災害情報の分類 第29回人工知能学会全国大会(05/2015)
  64. 前田 高志ニコラス 鳥海 不二夫 大橋 弘忠: Twitter位置情報を用いた地域間移動傾向の要因分析とそのモデル化 第29回人工知能学会全国大会(05/2015)
  65. 梶原 健吾 鳥海 不二夫 稲葉 通将: 人狼における強化学習を用いたエージェントの設計 第29回人工知能学会全国大会(05/2015)
  66. 平田 佑也 稲葉 通将 高橋 健一 鳥海 不二夫 大澤 博隆 片上 大輔 篠田 孝祐: プレイログから獲得した行動選択確率を用いた人狼ゲームのシミュレーション 第29回人工知能学会全国大会(05/2015)
  67. 石井 晃, 小籔 拓馬, 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 内山 幸樹, 薄井 司 ヒット現象の数理モデルによるSTAP細胞スキャンダルの評判の解析 日本物理学会講演概要集 70(1) (03/2015)
  68. 鳥海不二夫,山本仁志,岡田勇 公共財ゲームとしてのCGMにおける懲罰と報酬の効果 第8回社会システム部会研究会(03/2015)
  69. 臼井翔平, 鳥海不二夫 次数分布が与える情報拡散への影響 第8回社会システム部会研究会(03/2015)
  70. 浅谷公威, 鳥海不二夫, 大橋弘忠 複数のコミュニティ間における多面性を考慮した意見形成モデル 第8回社会システム部会研究会(03/2015)
  71. 鳥海不二夫,梶原健吾,大澤博隆,稲葉通将,片上大輔,篠田孝祐 人狼知能プラットフォームの開発 デジタルゲーム学会2014年度年次大会(03/2015)
  72. 石井晃,小籔拓馬,北尾明子,鳥海不二夫,榊剛史 ヒット現象の数理モデルから見た社会現象の盛り上がりに関する考察 Workshop of Social System and Information Technology (WSSIT15)(03/2015)
  73. 大阪健吾,鳥海不二夫,菅原俊治 互恵性を考慮したソーシャルメディアにおける協調の進化 Workshop of Social System and Information Technology (WSSIT15)(03/2015)
  74. 池田圭佑,岡田佳之,鳥海不二夫,榊剛史,風間一洋, 野田五十樹,諏訪博彦,篠田孝祐,栗原聡 AIDMを用いたデマ情報拡散再現への試みと検討 Workshop of Social System and Information Technology (WSSIT15)(03/2015)
  75. 池田 圭佑,岡田佳之,鳥海不二夫,榊剛史,風間一洋,野田五十樹,篠田孝祐,諏訪博彦,栗原聡 マルチエージェントによるデマ情報拡散メカニズムのモデル:AIDM Agent-based Information Diffusion Model 第21回社会情報システム学シンポジウム(01/2015)
  76. 小林 優,大澤 博隆,稲葉 通将,篠田 考祐,鳥海 不二夫,松原 仁,片上 大輔 擬人化エージェント用いた議論の雰囲気を実現する人狼対戦システムの開発 HCGシンポジウム2014(12/2014)
  77. 鳥海 不二夫,榊 剛史 STAP問題に対するソーシャルメディアにおける反応の分析 WebDBForum2014(11/2014)
  78. 大澤博隆,鳥海不二夫,稲葉通将,片上大輔,梶原健吾,篠田孝祐 人狼知能達成におけるエージェントの推論モデル ゲームプログラミングワークショップ2014(11/2014)
  79. 片上大輔,小林優,大澤博隆,稲葉通将,篠田孝祐,鳥海不二夫 擬人化エージェントを用いた人狼対戦システムの開発 ゲームプログラミングワークショップ2014(11/2014)
  80. 鳥海不二夫,梶原健吾,大澤博隆,稲葉通将,片上大輔,篠田孝祐 人狼知能サーバの構築 ゲームプログラミングワークショップ2014(11/2014)
  81. 稲葉通将,大澤博隆,片上大輔,篠田孝祐,鳥海不二夫 議論の構造に着目した人狼ゲームの分析 ゲームプログラミングワークショップ2014(11/2014)
  82. 浅谷公威,鳥海不二夫,大橋弘忠 社会的バランスとオンラインコミュニティの安定性 -バランス理論による解明 Joint Agent Workshop and Symposium2014(10/2014)
  83. 平田佑也,稲葉通将,高橋健一,鳥海不二夫,大澤博隆,片上大輔,篠田孝祐 人狼ゲームにおける役職Coming-Out情報の自動取得 Joint Agent Workshop and Symposium2014(10/2014)
  84. 鳥海不二夫,山本仁志,岡田勇 一般化メタ規範ゲームにおける協調の進化 Joint Agent Workshop and Symposium2014(10/2014)
  85. 片上大輔,金澤将志,小林優,大澤博隆,鳥海不二夫,稲葉通将,篠田孝祐 擬人化エージェントを用いた人狼対戦システムのための仕草分析 Joint Agent Workshop and Symposium2014(10/2014)
  86. 小村和輝、鳥海不二夫、大橋弘忠 移動エントロピーを用いた銘柄間影響度ネットワークによる投資指標の検討 第13回金融情報学研究会(10/2014)
  87. 田代光輝,鳥海不二夫,松井くにお,鈴木隆一 オンラインコミュニティ盛衰の数理モデル化にむけた一考察 2014年 社会情報学会(SSI) 学会大会(09/2014)
  88. 鳥海 不二夫,稲葉 通将,大澤 博隆,片上 大輔,篠田 孝祐 人狼における学習 FAN2014(09/2014)
  89. 稲葉 通将,鳥海 不二夫,大澤 博隆,片上 大輔,篠田 孝祐 人狼ゲームにおける役職の強さの定量化 FAN2014(09/2014)
  90. 大澤 博隆,鳥海 不二夫,片上 大輔,篠田 孝祐,稲葉 通将 人狼ゲームのプロトコル設計:推理と説得のプロトコル FAN2014(09/2014)
  91. 篠田 孝祐,鳥海 不二夫,稲葉 通将,大澤 博隆,片上 大輔 人工知能標準問題として人狼ゲームの提案 FAN2014(09/2014)
  92. 六瀬聡宏, 内田 理, 鳥海不二夫 大規模災害時の情報提供を目的としたツイート分類手法 FIT2014(09/2014)
  93. 臼井翔平,鳥海不二夫 貪欲法を用いたネットワーク生成手法 第11回ネットワーク生態学シンポジウム(08/2014)
  94. 福井思佳、鳥海不二夫、大橋弘忠 ユーザーのリンク構築行動によるSNSのネットワーク生成ゲーム 第11回ネットワーク生態学シンポジウム(08/2014)
  95. 池田 圭佑,岡田 佳之,鳥海 不二夫,榊 剛史,風間 洋一,野田 五十樹,篠田 孝祐,諏訪 博彦,栗原 聡 マルチバースト型デマ拡散モデルの検討 JWEIN2014(08/2014)
  96. 臼井 翔平,鳥海 不二夫 特徴量に着目したネットワークの生成手法 JWEIN2014(08/2014)
  97. 松澤 有,鳥海 不二夫,大橋 弘忠 Why Majority Become Silent: Simulation Analysis with Vocal- Attitude Propagation Model JWEIN2014(08/2014)
  98. 馬場 正剛,鳥海 不二夫,榊 剛史,篠田 孝祐,栗原 聡,風間 一洋,野田 五十樹,大橋 弘忠 Twitter上で拡散された災害情報の非言語的分類 手法の提案 JWEIN2014(08/2014)
  99. 福井 思佳,鳥海 不二夫,大橋 弘忠 SNSにおける情報伝播の期待値を最大化 するネットワーク形成ゲーム JWEIN2014(08/2014)
  100. Caffart Michael,Fujio Toriumi,Elod Egyed_Zsigmond Propagation of Meme in Video Communities. Example of NicoNicoDoga JWEIN2014(08/2014)
  101. 鳥海不二夫,榊剛史,岡崎直観 「人工知能」の表紙に関するツイートの分析・続報 ARG 第4回Webインテリジェンスとインタラクション研究会(05/2014)
  102. 池田 圭佑,岡田 佳之,榊 剛史,鳥海 不二夫,風間 一洋,野田 五十樹,篠田 孝祐,諏訪 博彦,栗原 聡 マルチエージェント型情報拡散モデル(AIDM)の提案 人工知能学会全国大会2014 1H2-NFC-02a-5in(05/2014)
  103. 鳥海 不二夫,榊 剛史,吉田 光男,篠田 孝祐,栗原 聡,風間 一洋,野田 五十樹 情報拡散における重要人物の推定 人工知能学会全国大会2014 1H2-NFC-02a-1(05/2014)
  104. 榊 剛史,原 久美子,吉田 光男,鳥海 不二夫,篠田 孝祐,栗原 聡,風間 一洋,野田 五十樹 災害情報基盤構築に向けたテキストデータからの地理情報抽出システム 人工知能学会全国大会2014 1H2-NFC-02a-4(05/2014)
  105. Cazabet Remy,武田 英明,Pervin Nargis,鳥海 不二夫 Using network properties to analyze users’ role in Twitter in time of Crisis 人工知能学会全国大会2014 1H2-NFC-02a-3(05/2014)
  106. 松本 慎平,川口 大貴,鳥海 不二夫 Twitter利用者の投稿活動に基づく定量化手法の災害情報支援システムに向けての展望 人工知能学会全国大会2014 1H3-NFC-02b-5(05/2014)
  107. 風間 一洋,鳥海 不二夫,榊 剛史,栗原 聡,篠田 孝祐,野田 五十樹 Twitterのイベントの因果関係の分析 人工知能学会全国大会2014 1H3-NFC-02b-3(05/2014)
  108. 馬場 正剛,鳥海 不二夫,榊 剛史,篠田 孝祐,栗原 聡,風間 一洋,野田 五十樹,大橋 弘忠 災害情報の分類の妥当性の評価 人工知能学会全国大会2014 1H3-NFC-02b-4(05/2014)
  109. 三浦 麻子,鳥海 不二夫,小森 政嗣,松村 真宏,平石 界 ソーシャルメディアにおける災害情報の伝播と感情 人工知能学会全国大会2014 1H3-NFC-02b-2(05/2014)
  110. 稲葉 通将,鳥海 不二夫,大澤 博隆,片上 大輔,篠田 孝祐,西野 順二 同調と反駁に着目した人狼ゲームの分析 人工知能学会全国大会2014 1E4-OS-23a-1(05/2014)
  111. 篠田 孝祐,鳥海 不二夫,片上 大輔,大澤 博隆,稲葉 通将 汎用人工知能の標準問題としての人狼ゲーム 人工知能学会全国大会2014 2C4-OS-22a-3(05/2014)
  112. 臼井 翔平,鳥海 不二夫,平山 高嗣,間瀬 健二 有向ネットワークの構造が情報拡散に与える影響の分析 人工知能学会全国大会2014 2J4-OS-16a-4in(05/2014)
  113. 松井 藤五郎,長瀬 舜,後藤 卓,和泉 潔,陳 ユ,鳥海 不二夫 実取引環境における複利型強化学習を用いた取引戦略の獲得 人工知能学会全国大会2014 3L3-OS-26a-4(05/2014)
  114. 和泉 潔,鈴木 裕士,鳥海 不二夫,吉村 忍 株式銘柄間における外生ショック伝播の移動エントロピー解析 人工知能学会全国大会2014 3L4-OS-26b-4(05/2014)
  115. 小村 和輝,鳥海 不二夫,大橋 弘忠 移動エントロピーを用いた銘柄間ネットワークダイナミクスの分析 人工知能学会全国大会2014 3L4-OS-26b-5in(05/2014)
  116. 鳥海 不二夫、臼井 昇平 ソーシャルメディアにおいて効率的な情報拡散を実現するネットワーク構造の実現 減災情報システム合同研究会第一回研究会(03/2014)
  117. 榎本光, 内田理, 鳥海不二夫 大規模災害時のツイート分析によるデマを含む話題の特徴抽出 言語処理学会第20回年次大会(03/2014)
  118. 高畑洋貴, 六瀬聡宏, 榎本光, 齊藤大樹, 近藤直人, 富田誠, 梶田佳孝, 山本義郎, 鳥海不二夫, 内田理 大規模災害時における避難支援情報の可視化 言語処理学会第20回年次大会(03/2014)
  119. 馴田俊平, 六瀬聡宏, 榎本光, 齊藤大樹, 近藤直人, 富田誠, 梶田佳孝, 山本義郎, 鳥海不二夫, 内田理 エリア限定型大規模災害時情報提供システム 言語処理学会第20回年次大会(03/2014)
  120. 高久奨乃,稲葉通将,大澤博隆,篠田孝祐,西野順二,鳥海不二夫,片上大輔 人狼ゲームにおいてノンバーバル情報が与える影響について 日本知能情報学会ファジィ学会人間共生システム研究部会(HSS 研究部会)第2回人間共生システムデザインコンテスト(03/2014)
  121. 梶原健吾,鳥海不二夫,大橋弘忠,大澤博隆,片上大輔,稲葉通将,篠田孝祐,西野順二 強化学習を用いた人狼における最適戦略の抽出 情報処理学会第76回全国大会(03/2014)
  122. 鳥海不二夫,稲葉通将,大澤博隆,片上大輔,篠田孝祐,西野順二 人工知能は人狼の夢を見るか?~人狼知能プロジェクト~ 日本デジタルゲーム学会 2013年度年次大会(03/2014)
  123. 池田 圭佑,岡田 佳之,榊 剛史,鳥海 不二夫,篠田 孝祐,風間 一洋,野田 五十樹,諏訪 博彦,栗原 聡 AIDMよるマルチバースト型デマ拡散の再現と考察 社会システムと情報技術研究ウィーク2014(WSSIT2014) (03/2014)
  124. 鳥海 不二夫 , 山本 仁志 , 岡田 勇 一般化メタ規範ゲームの解析 社会システムと情報技術研究ウィーク2014(WSSIT2014) (03/2014)
  125. 鎌田隆信,山岸秀一,松本慎平,鳥海不二夫 東日本大震災前後でのTwitter利用者の感情に基づく分析 2014年電子情報通信学会総合大会講演論文集,In CD-ROM,D-5-5 (03/2014)
  126. 長瀬舜, 松井藤五郎, 後藤卓, 和泉潔, 陳ユ, 鳥海不二夫 TradeStation における複利型強化学習を用いたStrategy 構築 第12回人工知能学会金融情報学研究会(01/2014)
  127. 小村 和輝, 鳥海 不二夫, 大橋 弘忠 移動エントロピーを用いた銘柄間の影響度ネットワーク分析 第12回人工知能学会金融情報学研究会(01/2014)
  128. 川口大貴, 松本慎平, 鳥海不二夫 Twitter利用者の定量化手法の災害時活用に向けての有効性評価 第15回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集, pp.474-477 (2013) .
  129. 鳥海 不二夫 情報拡散とネットワーク構造 第一回金融ネットワーク研究会(11/2013)
  130. 池田 圭佑, 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 篠田 孝祐, 風間 一洋, 野田 五十樹, 諏訪 博彦, 栗原 聡 ABMに基づく情報拡散シミュレーション 第172回 情報処理学会 知能システム研究会 (SIG-ICS) (11/2013)
  131. 川口大貴, 松本慎平, 鳥海不二夫 Twitter利用者の動的定量化手法のBotフィルタリングへの応用 平成25年度 (第64回) 電気・情報関連学会中国支部連合大会 講演論文集, pp.254-255 (10/2013)
  132. 風間一洋,鳥海不二夫,榊剛史,栗原聡,篠田孝祐,野田五十樹 ツイートデータからのイベントの因果関係の抽出法 人工知能学会 第5回データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会 (SIG-DOCMAS)(10/2013)
  133. 臼井翔平,鳥海不二夫,平山高嗣,間瀬健二 震災における情報拡散ネットワークの評価及び分析 人工知能学会「社会におけるAI」研究会 第17回研究会(10/2013)
  134. 鳥海不二夫 ネット選挙とノイジーマイノリティ ソーシャルメディア研究ワークショップ 2013 Fall(10/2013)
  135. 平原 悠喜,鳥海 不二夫,菅原 俊治 WSモデル・BAモデルのネットワーク上でのメタ報酬ゲームにおける協調の進化 第12回合同エージェントワークショップ&シンポジウム(09/2013)
  136. 稲葉 通将,大畠 菜央実,鳥海 不二夫,高橋 健一 雑談ばかりしてると殺される -人狼BBSにおけるプレイヤーの発言傾向と意思決定・勝敗の分析- 第12回合同エージェントワークショップ&シンポジウム(09/2013)
  137. 平原悠喜,鳥海不二夫,菅原俊治 スモールワールドモデルのソーシャルメディアにおける協調の進化 FIT2013 第12回情報科学技術フォーラム(09/2013)
  138. 榎本 光,内田 理,鳥海不二夫 東日本大震災時のツイート分析によるデマ判別に有効な特徴抽出 FIT2013 第12回情報科学技術フォーラム(09/2013)
  139. 六瀬聡宏,長島 俊,内田 理,鳥海不二夫 Twitterを用いた大規模災害時における情報提供システム FIT2013 第12回情報科学技術フォーラム(09/2013)
  140. 臼井翔平,鳥海不二夫,平山貴嗣,間瀬健二 情報拡散に関するネットワーク構造要素の分析 第10回ネットワーク生態学シンポジウム(09/2013)
  141. 森川 翔平, 松本慎平, 川口大貴, 鳥海不二夫 Twitter利用者の定量化解析手法における時間間隔基準の影響に関する調査 2013 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp.113-114, (07/2013).
  142. 川口大貴, 松本慎平, 鳥海不二夫 Twitter利用者の動的定量化手法の提案 -Twitterの災害時活用に向けて- 2013 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会講演論文集, pp.115-118, (07/2013).
  143. 原 久美子 木野 泰伸 鳥海 不二夫 字・町名をキーとした災害時Twitter情報の抽出と地図への展開 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回) (06/2013)
  144. 松本 慎平 川口 大貴 鳥海 不二夫 情報量に基づく投稿活動定量化手法を用いた東日本大震災前後のTwitter利用者の特徴付け 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回) (06/2013)
  145. 榊 剛史 松尾 豊 鳥海 不二夫 篠田 孝祐 栗原 聡 風間 一洋 野田 五十樹 ソーシャルメディアを用いた局所地域における異常検知手法の提案 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回) (06/2013)
  146. 鳥海 不二夫 篠田 孝祐 榊 剛史 風間 一洋 栗原 聡 野田 五十樹 ネットワーク構造に基づく災害情報の分類 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回) (06/2013)
  147. 尾橋 大 川口 裕貴 堀部 省伍 太田 健文 伊藤 暢浩 鳥海 不二夫 RoboCup Rescue Simulationのための情報共有ライブラリ 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回) (06/2013)
  148. 石原 裕規 諏訪 博彦 鳥海 不二夫 太田 敏澄 震災時の情報流通を支えるTwitterアカウントの発見 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回) (06/2013)
  149. 臼井 翔平 鳥海 不二夫 松尾 真人 平山 高嗣 間瀬 健二 ネットワーク構造が情報拡散に与える影響の分析 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回) (06/2013)
  150. 篠田 孝祐 鳥海 不二夫 「デマの壁」仮説の検証 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回) (06/2013)
  151. 風間 一洋 高橋 公海 鳥海 不二夫 榊 剛史 篠田 孝祐 栗原 聡 野田 五十樹 東日本大震災時のツイートデータからのイベントの因果関係の抽出 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回) (06/2013)
  152. 風間 一洋 高橋 公海 鳥海 不二夫 榊 剛史 篠田 孝祐 栗原 聡 野田 五十樹 防災支援に向けた地域コミュニティ活用に関する研究 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回) (06/2013)
  153. 山本 仁志 鳥海 不二夫 岡田 勇 学際研究としての社会シミュレーション:近接学問領域との接合 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回) (06/2013)
  154. 福井 思佳 鳥海 不二夫 陳 昱 大橋 弘忠 一般化メタ規範ゲームを用いた情報伝播のモデル化 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回) (06/2013)
  155. 岡田 佳之 榊 剛史 鳥海 不二夫 篠田 孝祐 風間 一洋 野田 五十樹 沼尾 正行 栗原 聡 拡張SIRモデルによるTwitterでのデマ拡散過程の解析 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回) (06/2013)
  156. 松澤 有 セーヨー サンティ 鳥海 不二夫 陳 昱 大橋 弘忠 リツイート時系列の3パラメータ混合対数正規分布による分析 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回) (06/2013)
  157. 浅谷公威,大橋弘忠,鳥海不二夫,Chen Yu 集団内の多様性創出メカニズムの解明 ~ Axelrodの文化形成モデルによる,コミュニティ形成過程における多様性創出メカニズムの解明 ~ 信学技報, vol. 112, no. 477, AI2012-51, pp. 61-66(03/2013)
  158. 石津 亮輔、 秋山 英三、 鳥海 不二夫 東日本大震災時におけるTwitter上のデマの収集および分析 信学技報, vol. 112, no. 477, AI2012-41, pp. 1-5(03/2013)
  159. 梅岡利光,鳥海不二夫,平山高嗣,榎堀優,間瀬健二 株式市場からの異常注文観測に基づく相転移の検出 社会システムと情報技術研究ウィーク(03/2013)
  160. 榎原 悠太,陳 昱,鳥海 不二夫,大橋 弘忠 国際金融危機と市場の相関 -ランダム行列理論を用いた分析- 社会システムと情報技術研究ウィーク(03/2013)
  161. 牧野 龍彦、鳥海 不二夫、陳 昱、大橋 弘忠 音楽CD販売市場のモデル化による流行メカニズムの研究 社会システムと情報技術研究ウィーク(03/2013)
  162. 湯浅辰丸,鳥海不二夫,平山高嗣,榎堀優,間瀬健二 戦略学習がGARCH効果に与える影響の分析 社会システムと情報技術研究ウィーク(03/2013)
  163. 岡田佳之,白井嵩士,榊剛史,鳥海不二夫,篠田孝祐,風間一洋,野田五十樹,沼尾正行,栗原 聡 マイクロブログにおけるデマ拡散過程の分類と拡張SIRモデルに基づく解析 社会システムと情報技術研究ウィーク(03/2013)
  164. 小川祐樹,野田五十樹,山本仁志,後藤真太郎,和崎宏,五味壮平,鳥海不二夫 災害時におけるソーシャルメディア間の話題の比較分析 研究報告 知能システム Vol.2013-ICS-170 No.7 (03/2013)
  165. 小出明弘,斉藤和巳,風間一洋,鳥海不二夫 情報拡散モデルを利用した超媒介者検出法 研究報告 知能システム Vol.2013-ICS-170 No.6 (03/2013)
  166. 須田剛裕,小嶋和徳,伊藤慶明,石亀昌明,鳥海不二夫 震災時におけるツイッターのトレンドワードと拡散情報を利用したデマ推定の一考察 情報処理学会全国大会 (03/2013)
  167. 三浦 大樹, 諏訪 博彦, 鳥海 不二夫, 鬼塚 真 パーソナライズドソーシャルサーチのための効率的なtop-k検索アルゴリズムの提案 DEIM2013(03/2013)
  168. 石原裕規,諏訪博彦,鳥海不二夫,太田敏澄 震災前後における中心性に基づくTwitterネットワーク分析 第19回社会情報システム学シンポジウム(01/2013)
  169. 三浦大樹,諏訪博彦,鳥海不二夫,鬼塚真 ソーシャルネットワークにおける効率的なtop-kソーシャルサーチアルゴリズムの提案 第19回社会情報システム学シンポジウム(01/2013)
  170. 石原裕規,諏訪博彦,鳥海不二夫,太田敏澄 震災時における中心性に基づくTwitter分析とアカウント分類 電子情報通信学会 データ工学研究会(12/2012)
  171. 小出明弘,斉藤和巳,鳥海不二夫,風間一洋 情報拡散軌跡の基本統計量分析 第9回ネットワーク生態学シンポジウム(12/2012)
  172. 臼井 翔平,鳥海 不二夫,松尾真人,平山高嗣, 榎堀優,間瀬 健二 生成モデルがネットワーク構造に与える影響の分析 第9回ネットワーク生態学シンポジウム(12/2012)
  173. 岩田直之,鳥海不二夫,平山高嗣,榎堀優,稲葉通将,間瀬健二, ゲーミフィケーションを用いた対話エージェントのための学習データ獲得, HCGシンポジウム2012, (12/2012)
  174. 稲葉通将,鳥海不二夫,高橋健一 人狼ゲームデータの統計的分析 第17回ゲームプログラミングワークショップ, Vol.2012 No.6 pp.144-147, 2012.(11/2012)
  175. 小出明弘,斉藤和巳,鳥海不二夫,風間一洋,松尾真人 デンドログラムを用いた震災時におけるMention・Hashtagツイートの利用傾向分析 WebDBフォーラム2012(11/2012)
  176. 鳥海不二夫, 篠田孝祐, 榊剛史, 栗原聡,風間一洋, 野田五十樹, 松尾真人 災害情報支援に向けた大規模データ分析 - 異種協調型災害情報支援システム実現に向けた基盤技術の構築 - 人工知能学会「社会における AI」研究会 第15回研究会(11/2012)
  177. 小川祐樹, 山本仁志, 後藤真太郎, 和崎宏, , 鳥海不二夫 東日本大震災におけるTwitterと地域SNSの利用特性の違い- 災害時の効果的な情報ツール活用に向けて - 人工知能学会「社会における AI」研究会 第15回研究会(11/2012)
  178. 後藤真太郎, 山本仁志, 酒井聡一, 小川祐樹, 鳥海不二夫 地域SNSを主にしたメディア情報の災害情報後方支援機能の評価 東日本大震災ビッグデータワークショップ - Project 311 最終報告会(10/2012)
  179. 榊 剛史, 鳥海 不二夫, 篠田 孝祐, 風間 一洋, 野田 五十樹 情報発信空白地域検出に基づく災害程度推定 東日本大震災ビッグデータワークショップ - Project 311 最終報告会(10/2012)
  180. 鳥海 不二夫, 篠田 孝祐, 榊 剛史, 風間 一洋, 野田 五十樹 異種協調型災害情報支援システム実現に向けた基盤技術の構築 東日本大震災ビッグデータワークショップ- Project 311 中間報告会(10/2012)
  181. 木村 浩,佐藤亮佑,芝田雄吾,鳥海不二夫,榊 剛史,風間一洋,福田健介 福島第一原子力発電所事故に関するテレビ報道とツイッター情報 との関連性;(1)テレビ報道からツイッターへの情報伝播に関する分析 日本原子力学会「2012年秋の大会」(09/2012)
  182. 佐藤亮佑,木村 浩,鳥海不二夫,榊 剛史,風間一洋,福田健介 福島第一原子力発電所事故に関するテレビ報道とツイッター情報 との関連性;(2)放射能に関連する用語についての共起構造分析 日本原子力学会「2012年秋の大会」(09/2012)
  183. 篠田孝祐 , 榊剛史 , 鳥海不二夫 , 栗原聡 , 風間一洋 , 野田五十樹 災害地域による災害時コミュニケーション構造の相違 研究報告知能システム(ICS),2012-ICS-168 No.4(09/2012)
  184. 鳥海 不二夫, 篠田 孝祐, 榊 剛史, 風間 一洋, 栗原 聡, 野田 五十樹 東日本大震災時におけるリツイートの分析 情報処理学会研究報告 Vol.2012-ICS-168 No.3(09/2012)
  185. 小出明弘,高橋友美,斉藤和巳,風間一洋,鳥海不二夫 Mentionツイートからのバースト期間の抽出 FIT2012(08/2012)
  186. 梅岡利光,鳥海不二夫,平山高嗣,榎堀優,石井健一郎,間瀬健二, 板情報を用いた株式市場の状態変化の分析 2012年度JAFEE大会(第37回),成城大学,(08/2012)
  187. 小出明弘,斉藤和巳,風間一洋,鳥海不二夫 コリンク構造に着目した多重グラフの分析法 SoC2012(08/2012)
  188. 白井 嵩士 榊 剛史 鳥海 不二夫 篠田 孝祐 風間 一洋 野田 五十樹 沼尾 正行 栗原 聡 Twitterにおけるデマツイートの拡散モデルの構築とデマ拡散防止モデルの推定 第26回人工知能学会全国大会(06/2012)
  189. 風間 一洋 鳥海 不二夫 榊 剛史 篠田 孝祐 栗原 聡 野田 五十樹 東日本大震災時のTwitterデータを用いた単語間の関係の時系列変化の分析 第26回人工知能学会全国大会(06/2012)
  190. 臼井 翔平 鳥海 不二夫 石井 健一郎 間瀬 健二 震災による情報伝播ネットワークの変化 第26回人工知能学会全国大会(06/2012)
  191. 稲葉 通将 平井 尚樹 鳥海 不二夫 石井 健一郎 統計的応答手法と話題別学習を用いた非タスク指向型対話エージェント 第26回人工知能学会全国大会(06/2012)
  192. 榊 剛史 鳥海 不二夫 篠田 孝祐 風間 一洋 栗原 聡 野田 五十樹 松尾 豊 ソーシャルメディアを用いた災害検知及び被災地推定手法の提案 第26回人工知能学会全国大会(06/2012)
  193. 湯浅 辰丸 鳥海 不二夫 石井 健一郎 間瀬 健二 情報格差がもたらすGARCH効果発生メカニズムの分析 第26回人工知能学会全国大会(06/2012)
  194. 鳥海 不二夫 篠田 孝祐 榊 剛史 栗原 聡 風間 一洋 野田 五十樹 異種協調型災害情報支援システム実現に向けた基盤技術の構築 第26回人工知能学会全国大会(06/2012)
  195. 鳥海不二夫 ゲーム理論に基づくソーシャルネットワークサービスの活性化 第3回SNSネットワーク分析研究会 (06/2012)
  196. 小松正・鳥海不二夫・舟橋正浩・岡坂健・池尾英司 べき乗則を利用した東日本大震災のTweet分析 情報社会学会2012年度年次研究発表大会(05/2012)
  197. 芝田雄吾、木村 浩、鳥海不二夫、榊 剛史、風間一洋、福田健介 ソーシャルメディアにおける福島第一原子力発電所に関連する情報の伝播分析 Workshop of Social System and Information Technology (03/2012)
  198. 白井嵩士,榊剛史,鳥海不二夫,篠田孝祐,風間一洋,野田五十樹,沼尾正行,栗原聡 Twitterネットワークにおけるデマ拡散とデマ拡散防止モデルの推定 人工知能学会 データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会 SIG-DOCMAS-B102 (03/2012)
  199. 松本徳義,武藤正義,鳥海不二夫:東日本大震災における「原発」に関する Twitter ユーザーの動向分析 第 53 回数理社会学会大会(03/2012)
  200. 小出明弘,斉藤和巳,大久保誠也,鳥海不二夫,風間一洋 Twitterの@-messageで構成される成長ネットワークの分析 第74回情報処理学会全国大会(IPSJ2012)(03/2012)
  201. 三浦 大樹, 諏訪 博彦, 鳥海不二夫, 鬼塚 真 ソーシャルネットワークを利用したパーソナライズ情報検索 The 4th Forum on Data Engineering and Information Managemen(03/2012)
  202. 小出明弘,斉藤和巳,鳥海不二夫,風間一洋 フォロー類似度によるTwitter高次数ユーザの関係分析 第3回 集合知シンポジウム(02/2012)
  203. 風間一洋, 鳥海不二夫, 篠田孝祐,榊剛史, 栗原 聡, 野田五十樹 名詞出現頻度の時間的変化に着目した東日本大震災時のTwitterのトピックの分析 WebDB Forum 2011(11/2011)
  204. 鳥海不二夫, 山本仁志 ソーシャルメディアにおける協調の進化:公共財ゲームを用いたモデル化 Joint Agent Workshop and Symposium 2011(10/2011)
  205. 芝田雄吾, 木村浩, 榊剛史,鳥海不二夫,風間一洋 福島第一原発事故におけるプレスリリースとTwitter発言の関連性に関する分析 日本原子力学会「2011年秋の大会」L29(09/2011)
  206. 鳥海不二夫,石井健一郎 なぜ予測市場は予測が出来るのか? 社会情報学会合同研究大会ワークショップ・社会シミュレーション ~ モデルの粒度と現象の接合を探る(09/2011)
  207. 鳥海不二夫 ソーシャルメディアにおけるエージェントシミュレーション 平成23年(2011年)電気学会 電子・情報・システム部門大会(09/2011)
  208. 鳥海不二夫,篠田孝祐,栗原聡,榊剛史,風間一洋,野田五十樹 震災がもたらしたソーシャルメディアの変化 ネットワークが創発する知能研究会(JWEIN'11) & 数理社会学会第52回大会(JAMS52)合同ワークショップ(09/2011)
  209. 岩田 直之 平井 尚樹 稲葉 通将 鳥海 不二夫 石井 健一郎 対話エージェントのための発話候補絞り込み 第25回人工知能学会全国大会 3C2-OS19-5(06/2011)
  210. 稲葉 通将 鳥海 不二夫 石井 健一郎 対話からの話者のプロフィール情報自動獲得 第25回人工知能学会全国大会 3C2-OS19-6(06/2011)
  211. 湯浅 辰丸 鳥海 不二夫 石井 健一郎 人工市場を用いたGARCH効果発生メカニズムの検証 第25回人工知能学会全国大会目 2H1-OS18-1(06/2011)
  212. 鳥海不二夫,神谷達幸,石井健一郎 Twitterにおけるつぶやきを用いたユーザの特性分析 ネットワーク生態学シンポジウム(03/2011)
  213. 田島裕之,鳥海不二夫,石井健一郎 株価時系列データを用いた市場参加者の推定 人工知能学会研究会資料 SIG-FIN-006 pp.16-22(01/2011)
  214. 鳥海不二夫,石井健一郎 人工市場を用いた予測市場の挙動メカニズムの解明 第17回社会情報システム学シンポジウムプログラム学術講演論文集 pp.161-166(01/2011)
  215. 鳥海不二夫,山本仁志,諏訪博彦,岡田勇,和泉潔,橋本康弘,石井健一郎 SNSにおける活性化状態の可視化 第3回知識共有コミュニティワークショップ (12/2010)
  216. 神谷達幸,鳥海不二夫,石井健一郎 パラメータ推定を利用したSNS成長モデルの提案 合同エージェントワークショップ&シンポジウム 2010論文集 (10/2010)
  217. 平井尚樹,稲葉通将,鳥海不二夫,石井健一郎 対話エージェントのための文脈を考慮した統計的発話選択 合同エージェントワークショップ&シンポジウム 2010論文集 (10/2010)
  218. 中村大介,鳥海不二夫,石井健一郎 ソーシャルメディアを利用した知識共有のモデル化 人工知能学会 第七回知識流通ネットワーク研究会 SIG-KSN-007-04 (09/2010)
  219. 稲葉通将,鳥海不二夫,石井健一郎. 非タスク指向型対話における盛り上がり箇所の抽出. 第24回人工知能学会全国大会, 2C4-4, 2010. (06/2010)
  220. 西岡寛兼,鳥海不二夫,石井健一郎. 板情報を用いた金融市場の相転移検出. 第24回人工知能学会全国大会, 3H1-OS12a-6, 2010. (06/2010)
  221. 鳥海不二夫, 山本仁志, 諏訪博彦, 岡田勇, 和泉潔, 橋本康弘: WEBコミュ二ティにおけるコミュニケーション活動の分析 第88回知識ベースシステム研究会(03/2010)
  222. 山本仁志, 諏訪博彦,岡田勇, 鳥海不二夫, 和泉潔, 橋本康弘: SNSにおけるコミュニケーション関係の変容パターン 第88回知識ベースシステム研究会(03/2010)
  223. 鳥海不二夫, 山本仁志, 諏訪博彦, 岡田勇, 和泉潔, 橋本康弘: SNSにおける関係性の抽出と分析 第6回ネットワーク生態学シンポジウム(12/2009)
  224. 中村大介, 鳥海不二夫, 石井健一郎 Web コミュニケーションサービスの比較分析 第7回 情報学ワークショップ(11/2009)
  225. 鳥海不二夫,石井健一郎: 災害救助シミュレーションにおけるエージェントの行動パターンの抽出と評価 電子情報通信学会技術研究報告 Vol.109 No.211 pp.49-54(09/2009)
  226. 和泉潔, 橋本康弘, 鳥海不二夫, 山本仁志, 岡田勇, 諏訪博彦: ネットワーク分析によるSNSの成長判別 電子情報通信学会技術研究報告 Vol.109 No.211 pp.13-18(09/2009)
  227. 西岡寛兼,鳥海不二夫,石井健一郎: 板情報を用いた市場変化の分析 人工知能学会研究会資料 SIG-FIN-003-07 pp.58-63(09/2009)
  228. 稲葉通将,鳥海不二夫,石井健一郎: 語の共起情報を用いた非タスク指向型対話エージェントの評価 情報処理学会研究報告 Vol.2009-MPS-75 No.18(09/2009)
  229. 藤田幸久,鷲田祐一,鳥海不二夫,植田一博,石井健一郎: 情報の多様化を考慮した情報伝播のモデル化とシミュレーション 情報処理学会研究報告 Vol.2009-MPS-75 No.18(09/2009)
  230. 和泉潔, 橋本康弘, 鳥海不二夫, 山本仁志, 岡田勇, 諏訪博彦: ネットワーク構造によるコミュニケーションの成長分析 ネットワークが創発する知能研究会JWEIN09 & 情報処理学会 数理モデル化と  問題解決研究会 MPSシンポジウム合同ワークショップ(08/2009)
  231. 山本仁志, 諏訪博彦, 岡田勇, 鳥海不二夫, 和泉潔, 橋本康弘: 活性化をもたらす小規模SNSのコミュニケーションパターン ネットワークが創発する知能研究会JWEIN09 & 情報処理学会 数理モデル化と  問題解決研究会 MPSシンポジウム合同ワークショップ(08/2009)
  232. 鳥海不二夫, 山本仁志, 諏訪博彦, 岡田勇, 和泉潔, 橋本康弘: 大量SNSサイトのネットワーク分析 ネットワークが創発する知能研究会JWEIN09 & 情報処理学会 数理モデル化と  問題解決研究会 MPSシンポジウム合同ワークショップ(08/2009)
  233. 太田 知宏 鳥海 不二夫 石井 健一郎: 発話生成を目的としたWikipediaからの文抽出 2009年度 人工知能学会全国大会 (第23回)2G1-NFC5-11(06/2009)
  234. 西岡 寛兼 鳥海 不二夫 石井 健一郎: 板情報を用いた株式市場の時系列データ分析法 2009年度 人工知能学会全国大会 (第23回)3G3-OS12-7(06/2009)
  235. 鳥海不二夫,石田健,石井健一郎: SNSにおけるネットワーク成長のモデル化 2009年度 人工知能学会全国大会 (第23回)2E1-OS5-2(06/2009)
  236. 鳥海不二夫,石田健,山口竜一,石井健一郎: アクティブネットワークを用いたSNSの分析 第47回数理社会学会大会研究報告要旨集 pp48-51 (03/2009)
  237. 稲葉通将・磯村直樹・鳥海不二夫・石井健一郎: 意味ネットワークによる非タスク指向型対話システムの評価 信学技報, vol. 108, no. 456, AI2008-69, pp. 29-34 (03/2009)
  238. 山口竜一・鳥海不二夫・石井健一郎: SNSのユーザ行動分析 信学技報, vol. 108, no. 456, AI2008-76, pp. 69-74 (03/2009)
  239. 鳥海不二夫,石田健,山口竜一,石井健一郎: 地域SNSの時系列分析 人工知能学会研究会資料 SIG-KBS-A802-04 pp.17-22 (11/2008)
  240. 藤田幸久,鳥海不二夫,石井健一郎: エージェントベースシミュレーションを用いた製品開発におけるイノベータの役割分析 合同エージェントワークショップ&シンポジウム 2008論文集 (10/2008)
  241. 磯村直樹,鳥海不二夫,石井健一郎: 対話エージェントにおける非タスク指向型対話評価法の提案 合同エージェントワークショップ&シンポジウム 2008論文集 (10/2008)
  242. 鳥海不二夫,石田健,石井健一郎: 地域SNSのネットワーク構造分析 電子情報通信学会技術研究報告 Vol.108 No.208 pp.33-38 (09/2008)
  243. 鳥海不二夫,和泉潔,松井宏樹: 人工市場を用いたマーケットインパクト分析 人工知能学会全国大会 1E2-05 (06/2008)
  244. 和泉潔,鳥海不二夫,松井宏樹: 人工市場による取引アルゴリズムの評価 電子情報通信学会技術研究報告 Vol.107 No.523 pp.103-107 (03/2008)
  245. 藤田幸久,鳥海不二夫,石井健一郎: 非正規雇用者を考慮した企業内での知識共有シミュレーション 電子情報通信学会技術研究報告 Vol.107 No.523 pp.73-78 (03/2008)
  246. 鳥海不二夫,西村啓,浅野千尋,石井健一郎: 株式自動取引エージェントの売買行動分析 人工知能学会研究会資料 SIG-KBS-A702-06 pp.27-32 (12/2007)
  247. 久連石圭 鳥海不二夫 石井健一郎: 方向系列の分析に基づく手書き文字生成 信学技報PRMU2007-133,MVE2007-66, pp.37-42 (11/2007)
  248. 磯村直樹・鳥海不二夫・石井健一郎: HMMによる非タスク指向型対話システムの性能の比較評価 信学技報, vol. 107, no. 246, NLC2007-29, pp. 1-6, 2007年10月. (10/2007)
  249. 藤田幸久 鳥海不二夫 石井健一郎: 企業の人間関係を考慮した人員再配置のシミュレーション 合同エージェントワークショップ&シンポジウム 2007論文集 (10/2007)
  250. 岡田譲二・鳥海不二夫・石井健一郎: インタビュアを模した対話エージェントのための質問文自動生成 合同エージェントワークショップ&シンポジウム 2007論文集 (10/2007)
  251. 原 大曜・鳥海不二夫・石井健一郎: 話題特化型対話システムの設計と評価 FIT2007 F-026 (09/2007)
  252. 石田健 鳥海不二夫 石井健一郎: コミュニケーション活動を考慮したSNSモデルの提案 FIT2007 F005 (09/2007)
  253. 和泉潔 鳥海不二夫 松井宏樹: 人工市場2.0 人工知能学会全国大会 (06/2007)
  254. 鳥海不二夫 西村啓 浅野千尋 石井健一郎: 株式自動取引エージェント作成支援システムの開発 情報処理学会研究報告 Vol.2007,No26 pp.67-74 (03/2007)
  255. 西村啓 鳥海不二夫 浅野千尋 村岡洋一: 株式自動売買カブロボ・プラットフォームの構築 情報処理学会研究報告 Vol.2007,No26 pp.75-80 (03/2007)
  256. 鳥海不二夫 石田健 石井健一郎: マルチエージェントシミュレーションによるSNSの分析 人工知能学会研究会資料 SIG-KBS-A604-13 (03/2007)
  257. 小泉康治 鳥海不二夫 石井健一郎: 学級における教師のいじめ対策行動のマルチエージェントシミュレーション 人工知能学会研究会資料 SIG-KBS-A604-15 (03/2007)
  258. 磯村直樹・鳥海不二夫・石井健一郎: HMMによる非タスク指向型対話システムの評価 信学技報, vol. 106, no. 298, NLC2006-20, pp. 39-44, 2006年10月. (10/2006)
  259. 藤田・鳥海・石井: 社会ネットワークが知識継承に与える影響の分析 JAWS2006 (2006-10)
  260. 磯村・鳥海・石井: HMMによる非タスク指向型対話システムの評価 言語理解とコミュニケーション研究会(NLC) (2006-10)
  261. 鳥海・石井: Effect of grouping on classroom communities JWEIN2006 (2006-9)
  262. 久連石・鳥海・石井: 囲碁の棋譜認識 電子通信情報学会 2006-CVIM-155(32) pp.249-256 (2006-9)
  263. 鳥海・石井: 学級集団における友人ネットワーク形成シミュレーション 第2回 ネットワーク生態学シンポジウム 予稿集 (2006-3)
  264. 藤田、仲瀬、中山、鳥海、石井: 組織における知識継承のモデル化 情報処理学会 知能と複雑系研究会 予稿集 pp.77-82 (2006-1)
  265. 曽我部、鳥海、石井: 非タスク指向型対話システムの評価法 情報処理学会 自然言語処理研究会 予稿集 pp.105-110 (2005-11)
  266. 村田・鳥海・石井: 携帯電話の普及に伴うコミュニティの変化  計算科学シンポジウム論文集 pp187-194 (2005-11)
  267. 鳥海・石井: コミュニティ形成におけるコミュニケーション能力の影響  日本ソフトウェア科学会・第一回ネットワークが創発する知能研究会 pp63-68(2005-10)
  268. 村田・鳥海・石井: コミュニケーション手段のコミュニティ形成に対する影響  第11回創発システムシンポジウム pp88-91 (2005-8) 
  269. 鳥海・石井: 学級集団における集団形成のシミュレーション 計測自動制御学会第35回システム工学部会研究会 pp.25-30 (2005-3)
  270. 鳥海, 高山, 大山, 小林: 生きる力の尺度付け 第5回日本感性工学会大会, C-03 (2003-10)
  271. 鳥海, 高山, 大山, 小林: 生きる力の計測 第20回センシングフォーラム, 377/382 (2003-09)
  272. 鳥海, 高山, 大山, 小林: 逐次比較による一対比較法処理 第19 回センシングフォーラム, 169/173 (2002-10)
  273. 鳥海, 高山, 大山, 小林: 帯関数を用いたパネルの検査能力評価 第四回日本感性工学会大会, 202 (2002-09)
  274. F. Toriumi, J. Takayama, S. Ohyama and A. Kobayashi: New method for incomplete paired comparison using the BMPC method SICE Annual Conference 2002, 2141/2143(2002-08)
  275. 鳥海, 高山, 大山, 小林: 帯関数を用いたパネルの識別能力分析 第18 回センシングフォーラム, 19/23 (2001-10)
  276. 鳥海, 高山, 大山, 小林: BMPC 法を用いた被験者の個人差分析 第39 回SICE 学術講演会, CD-ROM: 302 C-5 (2001-07)
  277. 鳥海, 大山, 小林: 帯関数モデルの帯幅の変化を考慮したBMPC法の解析 第17 回センシングフォーラム, 19/23 , (2000-10)
  278. 鳥海, 大山, 小林: BMPC法における評価関数を用いた被験者の選別 第39 回SICE 学術講演会, 202A-3 (2000-07)
  279. Toriumi,Ohyama,Kobayashi: Taste Gradation of Sake Using Band Function Model Paired Comparison Method The 17th Sensor Symposium  2000, 279/282 (2000-05)
  280. 鳥海, 大山, 小林: 帯関数モデル型一対比較法における矛盾不等式の処理法 第16回 センシングフォーラム, 39/43 (1999-10)
  281. 鳥海, 大山, 小林: BMPC 法における矛盾不等式排除方法と高速化処理アルゴリズム 第38回SICE 学術講演会, 639/640 (1999-08)

講演

  1. 社会連携・産学協創推進室シンポジウム「AI応用ワークショップ」ジオタグ付きTweetデータを用いた観光行動分析(11/2017)
  2. 第14回 itSMF Japanコンファレンス/EXPO特別講演人工知能技術の社会応用(11/2017)
  3. 三鷹市民大学「新しい「経済成長」のミカタ!」強いAI・弱いAI 現在の人工知能と夢の人工知能(10/2017)
  4. 参議院調査室勉強会人工知能とは 強いAI・弱いAIと計算社会科学の側面から(10/2017)
  5. 第4回データサイエンティストシンポジウム計算社会科学への招待(10/2017)
  6. 読売新聞ソーシャルメディア勉強会ソーシャルメディアにおける情報の拡散(09/2017)
  7. 神戸大学経済経営研究所 公開シンポジウム 計算社会科学からの挑戦 ~リスク社会におけるメディアの発達とソーシャル・キャピタル~ネットコミュニティにおけるソーシャルキャピタル, ユーザ属性推定とそれを用いた情報伝播分析
  8. 第2回大和証券・東京大学未来金融フォーラム「投資知識の社会的学習」ソーシャルメディアにおける情報の拡散(05/2017)
  9. Information Society with "Emergence Pattern Media" and "Assistive Technology" at Hawaii UniversityClassification of User Behavior on Private Chat(02/2017)
  10. 中京大学 四半世紀記念レクチャーシリーズ次世代AI・人狼知能プロジェクト(11/2016)
  11. ライオンリサーチ交流会強いAI・弱いAI~たとえば小説AIはドラえもんになるのか~(11/2016)
  12. ICA Preconference Workshop on Mining Social Media for Communication ResearchVisualizing social media data(06/2016)
  13. 知的財産マネジメント研究会AIが物語を作る(06/2016)
  14. 社会情報学会(SSI) 2016 年度社員総会シンポジウム:ソーシャルメディアと社会情報学~変化と兆しソーシャルメディアに対する計算社会科学アプローチ(06/2016)
  15. 公開シンポジウム「リスク社会における公共性の構造転換と社会関係資本――計算社会科学からの挑戦」ソーシャルメディアにおける信頼の構築(02/2016)
  16. 第3回 SPARC Japan セミナー2015「研究者向けソーシャルメディアサービスの可能性」研究用SNSの利用:ResearchGate(01/2016)
  17. 人工知能学会30周年記念「人狼知能コンテスト」キックオフ「人狼知能コンテスト」とは何か~人狼知能プロジェクト~(11/2015)
  18. 構造計画研究所KKE Vision計算社会科学へようこそ -ビッグデータから社会シミュレーションへ-(10/2015)
  19. モバイルコンテンツビジネス講座「人工知能の現状と今後の可能性」将棋の次は人狼か?(10/2015)
  20. 農林水産省・第3回消費者対応勉強会ネットにおける拡散の特徴と対策(09/2015)
  21. CEDEC2015人狼知能大会(08/2015)
  22. 農林水産省「5つの基本原則」の普及に関する意見交換会(07/2015)
  23. 第6回ニコニコ学会β データ研究会 脱初心者!経験は人狼力を向上させるのか?データから見るベテランの実力(04/2015)
  24. 2015年1月度音声研究会 金融情報におけるデータ分析(01/2015)
  25. Short Lecture in University Technology Petronas Information Sharing on Social Media under Disaster Situation(10/2014)
  26. Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University Seminor in SIG-ICS176 workshop Analysis of Generalized Meta-Sanction Games(07/2014)
  27. 第32回ゲーム情報学研究会 人狼人工知能プロジェクトの概要と展望(07/2014)
  28. Korea-Japan Joint Workshop on Social Simulation (JaKoSS 2014) Designing Desirable Networks for Disaster Situation(03/2014)
  29. NEC研究所講演会 情報伝播のモデル化とシミュレーション(02/2014)
  30. 第9回ワークショップ災害を観る 災害情報とソーシャルメディア(02/2014)
  31. 情報通信学会 平成25年度関西大会 パネリスト ビッグデータ時代におけるICT成長戦略 ―関西復権を目指して―(09/2013)
  32. 東京大学オープンキャンパス2013 模擬講義 R U Sexy? ~データサイエンス入門~(08/2013)
  33. 第二回ニコニコ学会β データ研究会 三種のツイートデータ(07/2013)
  34. 兵庫ニューメディア推進協議会平成25年度総会・記念講演会 特別講演 ソーシャルメディアのデータ指向分析(05/2013)
  35. 第19回社会情報システム学シンポジウム・特別講演 大震災.そのときソーシャルメディアは動いた・・・のか? ~東日本大震災・Twitterデータの分析~(01/2013)
  36. イノベーション政策研究会 第 31 回セミナー 大災害におけるソーシャルメディアの活用」-東日本大震災を事例に-(11/2012)
  37. 連続セミナー2012「ビッグデータとスマートな社会」第4回「ソーシャルメディアの大規模ネットワーク分析」 ソーシャルメディアにおける大量データの収集と分析(10/2012)
  38. 日本機械学会計算力学講演会フォーラム「社会シミュレーション」 一般化メタ規範ゲームによるソーシャルメディアのモデル化(10/2012)
  39. 東京大学公開講座 【第116回東京大学公開講座】 ソーシャルネットワーク分析 -人はどうつながるのか(09/2012)
  40. 第3回ソーシャルコンピューティングシンポジウム SNS とゲーム理論~人はなぜ投稿するのか?~(06/2012)
  41. 電子情報通信学会 人工知能と知識処理 震災時におけるTwitterのリツイート分析(06/2012)
  42. 日本マーケティング・サイエンス学会 消費者行動のダイナミクス研究部会 東日本大震災におけるTwitterの分析(06/2012)
  43. 応用数学フォーラムAMF・第28回ワークショップ 公共財ゲームとしてのソーシャルメディア ~なぜ人はSNSを利用するのか?~ (05/2012)
  44. 第4回 システム創成学学術講演会 「社会デザイン -社会のレジリアンスと工学の役割-」 ソーシャルメディアにおける報酬による協調の進化(05/2012)
  45. ソーシャルネットワークの構造とダイナミクス~ヒトの社会活動の理解予測に向けて 東日本大震災時のTwitterにおける情報共有(02/2012)
  46. 情報通信技術研究交流会(AC・Net)192回例会 震災がもたらしたソーシャルメディアの変化(12/2011)
  47. ネットワークが創発する知能研究会(JWEIN'11) & 数理社会学会第52回大会(JAMS52)合同ワークショップ シンポジウム「人間の行動モデル再考」(08/2011)
  48. はこだて未来大学講演 震災がもたらしたソーシャルメディアの変化(08/2011)
  49. 総務省「情報通信技術地域人材育成・活用事業」地域雇用ICT絆プロジェクト SNSの状態遷移分析と活性化シミュレーション(03/2011)
  50. 総務省「情報通信技術地域人材育成・活用事業」地域雇用ICT絆プロジェクト 大量SNSサイトの比較分析 (03/2011)
  51. 総務省「情報通信技術地域人材育成・活用事業」地域雇用ICT絆プロジェクト ネットワークを科学する(03/2011)
  52. 消費者行動のダイナミクス研究会大量SNSサイトの構造と成長分析(04/2010)
  53. 第17回Webインテリジェンスとインタラクション研究会・招待講演 ネットワークが創発する知能(03/2010)
  54. 教育システム情報学会研究会・招待講演 大量SNSサイトの比較分析 (03/2010)
  55. 地域6回SNSフォーラム・招待講演 地域SNS研究の最前線(02/2010)
  56. 第6回ネットワーク生態学シンポジウム・パネルディスカッション SNSはどのようなコミュニティを創りだすのか(12/2009)
  57. 情報社会学会研究会「地域SNS研究の最新動向」小規模SNSにおける友人関係の構造とその変化(11/2009)
  58. 日本ソフトウェア科学会 チュートリアル (第25回全国大会併設企画)「ファイナンスにおける人工知能応用」(09/2008)
  59. JSIS&JASIワークショップ 社会シミュレーション -シミュレーションが切り開く社会情報学- 2007年日本社会情報学会(JSIS&JASI)合同発表大会 (09/2007)

解説記事・解説論文

外部資金・共同研究

メディア取材・協力・プレスリリース

著書

特許

戻る